稲葉 良通

いなば よしみち

美濃国

概説


美濃国の生まれ。父は稲葉通則。

六男だったため、幼少時に崇福寺へ入り快川紹喜の下で僧侶として修業した。

近江の浅井亮政が牧田(現在の大垣市付近)まで兵を進めて陣を構えると、土岐頼芸はこれに対抗して栗原山に陣を構えた。父・通則は頼芸に従い、五人の兄たちもこれに同行した。激戦となり勝負は引き分けに終わったものの、父と兄たちは全員討死してしまった。

良通は還俗して祖父・稲葉塩塵と叔父・稲葉忠通の後見の下、家督を相続し美濃曽根城主となった。

はじめ頼芸に仕え、頼芸が斎藤利政(道三)に追放されると道三に仕えた。

安藤守就や氏家直元と並んで西美濃三人衆と称され、良通はこの中でも筆頭とされた。

道三が子・斎藤高政(義龍)と長良川で戦った際には、義龍方として参戦した。そして道三敗死後は義龍の家老として仕えた。

道三の娘婿である尾張の織田信長は、尾張統一を果たし駿河の今川義元を討取ると、次は美濃攻略を始める。

義龍が病死し、子・斎藤龍興が家督を継ぐと引き続き斎藤氏に仕え、信長との戦いで活躍する。

しかし、龍興は良通たち三人衆の諫言を聞き容れず両者の関係が悪化したため、三人衆は連盟で斎藤氏を出奔し信長に仕えることとなった。

姉川の戦いや伊勢長島一向一揆との戦いなどにも参戦している。

槙島城の戦い後、入道して一鉄と号した。

その後も長篠の戦いや越前一向一揆攻め、天王寺の戦いや紀州攻めなど信長による数々の戦いに参戦して武功を挙げた。

家督と曽根城を嫡子・稲葉貞通に譲ると、自身は美濃清水城に移った。

本能寺の変で信長が明智光秀によって殺害されると、良通は光秀に対して独立を保とうとした。かつて信長に追放され稲葉領内に滞在していた安藤守就が光秀に加担して復権の兵を挙げると、直ちにこれと交戦し敗死させた。

織田家重臣たちで行われた清洲会議後、美濃は織田信孝の支配下となったが、良通は羽柴秀吉に従った。

小牧・長久手の戦いに参戦し、この戦いを最後に戦場には出なくなった。

美濃清水城にて死去した。

 

コメント


頑固一徹の由来になったともいわれる良通(一鉄)ですが、僧侶経験者でもあり家族を大勢失っている過去もあって、辛み苦しみをよく理解している人だったのだろうなと思います。

大河ドラマ「麒麟がくる」では村田雄浩さんが演じていますね。曲者感が強いですが、ドラマでの一鉄も自分の中に信念があって、それに従って行動しているように見えます。これからどのように描かれていくのか楽しみです。