佐久間 信盛

さくま のぶもり

三河国, 和泉国, 大和国, 尾張国, 河内国, 紀伊国, 近江国

概説


尾張国の生まれ。父は佐久間信晴。

織田信秀に仕え、その子・織田信長に重臣としてつけられた。

信秀の死後、織田家内で家督争いが起こると、一貫して信長を支えた。

桶狭間の戦いでは善照寺砦を守り、戦後は鳴海城を与えられた。

近江の六角義賢・義治父子との観音寺城の戦いでは箕作城を落とす戦功を挙げた。

信長の娘・徳姫が徳川家康の子・松平信康に嫁ぐ際には、三河岡崎城まで供奉し、家康の領地と接する西三河を任された。

信長上洛後は畿内の行政にも携わった。

浅井長政が信長に敵対すると、柴田勝家と共に南近江を平定、続く姉川の戦いや志賀の陣にも出陣した。

比叡山焼討ちで功を挙げ近江に知行を宛がわれた。

筒井順慶の帰順交渉に成功し、松永久秀と順慶の和睦を取り計らった。

徳川家康と武田信玄がぶつかった三方ヶ原の戦いでは信盛も援軍を率いて参加していたが、不利を悟って浜名湖付近まで退却した。この戦いで共に援軍を率いた平手汎秀が討死した。

近江小谷城の攻略では、敵方の援軍として来ていた朝倉義景が浅井長政との連絡を絶たれて撤兵する際に、信盛たち織田家重臣たちが追撃を怠ったとして信長から叱責された。信盛は涙しながら口答えしたため、信長をさらに怒らせ後々まで根に持たれることになった。

信長の命で、河内若江城を攻略し籠城していた三好義継を自害に追い込んだ。

武田勝頼が美濃明知城を包囲した際には援軍として派遣された。

信長が嫡男・織田信忠に家督と岐阜城を譲ると、安土城が完成するまでの間、信長を自邸に迎え入れた。

信長に対して与力の水野信元が武田家臣・秋山虎繁に内通していたと報告したことで信元は信長の命を受けた甥・徳川家康によって殺害された。信元の領地は信盛の直轄地となった。

石山本願寺攻めの指揮官であった塙直政が討死すると信盛が後任となった。畿内各国の与力を付けられ織田家中でも最大の兵力を任されたものの、積極的な攻勢には出なかったため戦線は膠着した。

信長は朝廷を動かして本願寺と勅命講和し、信盛は教如の本願寺退去の検視として派遣された。

本願寺との戦いに終止符が打たれた直後、信長から突如19ヶ条の折檻状を突きつけられ、子の佐久間信栄と共に高野山に上った。その後、紀伊国熊野もしくは高野山で死去した。

コメント


ぱっとしないけれども何でもこなせる万能屋さんなイメージが個人的にはあります。

さすが織田家臣なだけあってあちこち駆け回っていますが、どこかインパクトに欠けています。

慎重に物事を分析する人だったのではないかと思いました。