滝川 一益

たきがわ かずます

上野国, 伊勢国, 尾張国, 志摩国

概説


近江国の生まれ(?)。父は滝川一勝または滝川資清と伝わる。

河内国で鉄砲の技術を学んだのち、尾張の織田信長に仕官したと伝わる。博打で不行跡を重ねたため一族に追放された、一族の者を殺害して逃走した、など信長に仕えるまでの経歴は不明な点が多い。

一益は信長に対して北伊勢の北畠氏への備えが必要であることを進言、侵攻の際の拠点とすべく、尾張・蟹江城を荷ノ上の土豪・服部友貞の資金で改修し、友貞放逐後は自身が蟹江城主となった。

二度に渡る伊勢攻略では先鋒を務めて活躍、大河内城を攻めた際には北畠具教の弟・木造具政を調略し寝返らせた。

石山本願寺が反織田を掲げると、長島の一向一揆も一斉に蜂起した。

一益は桑名城での籠城を強いられ、信長の弟・織田信興からの救援要請に応じることができなかった。信興は孤立無援の中奮戦し討死を遂げた。

信長によって長島攻略が始まると、一益もこれに従い活躍した。戦後は長島城を与えられた。

その後も遊軍として信長による主要な戦いの多くに参加した。

鉄甲船の建造にも関与した。

有岡城の戦いでは上﨟塚砦を守る中西新八郎と宮脇平四郎を調略して難なく城に侵入、堅く守られていたはずの城を一気に落とすことに成功した。

伊賀攻めにも参加し、蒲生氏郷の軍勢を援護した。

甲州征伐が始まると、信長の嫡男・織田信忠の軍監として戦いに参加、武田勝頼を追い詰めて天目山麓で自害に追い込む大戦果を挙げた。戦後は上野一国と信濃の一部を与えられた。

一益は関東鎮定にあたり居城を上野箕輪城に移し、次いで厩橋城を本拠とした。ここで関東諸勢力だけでなく東北の大名たちとも連絡を取り合っており、大きな権限を持っていたことが伺える。

しかし、本能寺の変で主君・信長が横死すると関東では不穏な気配が漂い始めた。

相模の北条氏政は引き続き協調関係を継続する旨を申し伝えてきたが、実際には上野侵攻が確定していた。

藤田信吉が反乱を起こすとこれを直ちに鎮圧した。

北条の大軍が上州倉賀野に侵攻してくると一益はこれを迎撃し初戦は勝利を収めた。次の戦いでも善戦し北条氏直の軍勢を退いたが、続く北条氏規の軍勢に囲まれてしまった。味方の上州勢は動きが鈍く頼りにならないことを悟ると、一益は氏規の軍勢に突撃して圧倒する勢いを見せたが、兵力差もありついに敗走した。

厩橋に戻った一益は戦死者の供養を行い、上州衆から預かっていた人質を解放、別れの酒宴を開いた後、太刀や金銀を分け与えて本拠地・伊勢長島を目指して旅立った。

途中、木曾義昌に通過を拒否されたが、佐久・小県の人質を譲ることで容認された。

なんとか生還した一益だったが、清洲会議には間に合わず織田家における立場は急落した。

羽柴秀吉柴田勝家による覇権争いでは勝家方に与した。越前北ノ庄を本拠とする勝家の南進を助けるために、一益は北伊勢の諸城を攻略して秀吉方の大軍を自身に釘付けにした。しかし勝家は賤ケ岳の戦いで敗れ北ノ庄城で自害、勝家が後援していた織田信孝も自害したため一益は孤立した。それでも粘って長島城に籠城したが、ついに降伏して所領は全て没収された。

丹羽長秀を頼り越前で蟄居していた一益だったが、小牧・長久手の戦いが勃発すると秀吉に呼び出されて武将として復帰、敵方の九鬼嘉隆と前田長定を調略して味方につけ、敵方の重要拠点だった蟹江城を占拠した。

秀吉は伊勢からの総攻撃を計画していたが対応が遅れたため、一益は力尽きて開城、命からがら伊勢に逃れた。

戦後は秀吉配下として東国との外交を担当し、梶原政景への書状では小田原征伐を予告している。

隠居先の越前大野で死去した。

 

コメント


一益といえば智謀を駆使して大活躍するイメージがありますが、調べてみるとそれだけではないなと感じさせられました。

謎に包まれている前半生の伝説や北伊勢での活躍、関東での振る舞いなど、現代人にも通じる人間らしさ・親しみやすさを感じたのは私だけでしょうか?

二人目の秀吉という言葉をどこかで聞いたことがありますが、個人的には秀吉よりも秀吉らしい不思議なイメージを持ちました。

ちなみに「いちます」と読むのが有力らしいですが、一益の子供たちはいずれも「かず」で読んでいるので、戦国武将図鑑では「かずます」としました。