和田 惟政

わだ これまさ

摂津国, 近江国

概説


近江国の生まれ。父は和田惟助。

和田氏は六角氏の被官であったが、父・惟助の代に室町幕府将軍・足利義輝の幕臣として使えるようになった。

義輝が三好三人衆に殺害された際、惟政は義輝の不興を買って本拠地・和田で謹慎を命じられていたため事件に巻き込まれずに済んだという。

事件を知った惟政は興福寺に監禁されていた義輝の弟・覚慶(のちの足利義昭)を他の幕臣たちと共に救出、近江の自領で匿った。

惟政は六角義賢を説得して味方につけ、さらに尾張の織田氏、近江の浅井氏、美濃の斎藤氏を自陣営に引き込んだ上で上洛を試みようとした。

しかし、義賢が三好三人衆に内通すると義昭は身の危険を感じて逃亡、惟政も付き従って放浪生活を共にした。

やがて尾張の織田信長の助力を得て上洛に成功すると、惟政は摂津芥川山城を与えられた。本圀寺の変で義昭が三好三人衆に襲撃されると、惟政は急ぎ駆け付け三人衆の撃退に大いに貢献した。この功績から高槻城も与えられた。

幕臣として京周辺の政治・外交に関与すると共に、織田氏の家臣としても活動した。

ある日、所用で美濃の信長のもとへ向かう途中、突如蟄居を命じられたとの報せを受けた。これは義昭と信長の関係悪化に原因があったと推測される。惟政は突然の重い処分に対し剃髪して抗議した。

越前攻めへ向かおうとする信長に京で謁見し地位を回復、織田勢として姉川の戦いにも参加した。

白井河原の戦いでは茨木重朝を支援した惟政だったが、数で勝る池田家臣の荒木村重・中川清秀の連合軍に対して突撃を敢行、清秀の軍勢とぶつかり討死した。茨木重朝も村重の本陣目掛けて突撃し村重に傷を負わせたが、やがて力尽き討死、司令官を一気に亡くした茨木・和田連合軍は総玉砕した。

 

コメント


キリスト教を手厚く保護したことでも有名ですよね。てっきりキリシタンだと思っていましたが、惟政自身は洗礼を受ける前に亡くなってしまったようで悲しいです。

イラストはインテリ感が出るように描きました。