三淵 藤英

みつぶち ふじひで

山城国

概説


父は室町幕府の申次衆・三淵晴員。異母弟(実弟?)に細川藤孝がいる。

父・晴員と共に将軍・足利義輝に仕えるが、義輝は三好三人衆や松永久通などの軍勢と衝突して戦死してしまった。

義輝の実弟・覚慶(のちの足利義昭)は興福寺内で幽閉されていたが、藤英たち幕臣の働きにより脱出、近江国まで逃れ矢島村で還俗、名を義秋に改めた。矢島御所を建造し在所としていたが、三好長逸の襲撃を受けた。この時は大草氏などの奉公衆の奮戦により撃退に成功した。

藤英は義昭に従い越前の朝倉義景を頼り、次いで尾張の織田信長を頼った。

義昭は信長に擁立されて上洛し、三好三人衆の勢力を蹴散らして将軍の座に就くと、藤英は伏見城周辺の守備を命じられた。

信長が領国へ帰還した隙に、義昭の仮御所・本圀寺が三好三人衆に襲撃される事件が発生する。この時は明智光秀や若狭衆の奮戦によって攻撃を防ぎ切り、急報を受けて駆け付けた弟・藤孝たち近隣勢力の助けもあって難を免れた。

義昭と信長の関係が次第に悪化すると、弟・藤孝は信長方に与した。藤英は怒り藤孝の居城・勝竜寺城を攻める計画を立てたが失敗に終わった。

義昭が挙兵すると、藤英もこれに従い二条城の守備を任された。

藤英は伊勢貞興などの幕臣たちと共に籠城したが、織田の大軍に城を囲まれると主立った人物は皆退去してしまい、藤英は一人取り残されてしまった。

織田家臣・柴田勝家の説得を受け藤英も降伏するに至った。

槙島城に籠っていた義昭も織田軍の総攻撃に遭い降伏、信長によって京を追放され足利幕府は滅亡した。これによって藤英は信長に仕えることとなった。

信長の命を受けて藤英は弟・藤孝と共に淀城を攻撃、城将の岩成友通も奮戦したが遂に力尽きて討取られた。

織田家臣として新たな人生を歩んでいた藤英だったが、突如信長に所領を没収され近江坂本城主・明智光秀の元に預けられた。そして嫡男・三淵秋豪と共に自害を命じられた。

 

コメント


大河ドラマ「麒麟がくる」では谷原章介さんが演じていますね。

足利将軍家への忠誠心が高く頭脳派なイメージが強いですが、調べてみるとそれだけではなく、感情的で人間らしい側面も見えてきました。

足利将軍家=軟弱なイメージもあるかもしれませんが、実際には藤英のような気骨ある人たちによって支えられていたのだと思います。