村井 貞勝

むらい さだかつ

尾張国, 山城国, 近江国

概説


近江国の生まれ。

早くから織田信長に仕え、行政手腕に長けていたことから側近として重用された。

信長の実弟・織田信勝が叛旗を翻し信長に敗れると、貞勝は島田秀満と共に二人の母・土田御前から依頼を受けて両者の和平交渉を行った。

西美濃三人衆が信長に寝返った際は人質の受取り役を担った。

足利義昭の出迎え役を務め、信長が義昭と共に上洛した際にはこれに同行した。

島田秀満と共に将軍・義昭の御所造営の奉行を務め、朝山日乗と共に内裏修理の奉行を務めるなど、京に残留して諸政務に当たった。

信長が義昭を追放すると、貞勝は京都所司代に任命された。

明智光秀や松井友閑、武井夕庵などの諸将と共に信長支配体制下での京都行政全般を担った。

寺社領の安堵、課役課税の賦課免除、道や橋の修理、訴訟の調停、治安維持などに加え朝廷や公家との交渉役も務めたため多忙を極めた。

安土城の天守が完成した際には林秀貞と貞勝の両名のみが見物を許された。

信長が京での居住場所を本能寺に決めると、貞勝はこれの普請を命じられた。

本能寺の変が勃発した際には向かいの自邸にいたが、本能寺救援は無理であることを悟り信長の嫡男・織田信忠のいる妙覚寺へと駆け込んだ。

信忠とそれに従う織田家臣たちと共に二条御所へ移り明智軍を迎え撃ったが、衆寡敵せず信忠は自害し、貞勝も子の村井貞成・村井清次と共に討死した。

 

コメント


信長の事業を内政面から支えた優秀な行政官僚であったことが分かります。きっと頭が良いだけでなく、コミュニケーション能力や調整能力が非常に高かったのでしょうね。過労で休むことも多々あったようなので、我々が考える以上の激務をこなしていたのだと思います。

過労で休むことも多々あったようなので、我々が考える以上の激務をこなしていたのだと思います。

武将らしい活躍は資料上見えてきませんが、最期は主君を守ろうと奮戦して討死したことを考えると、武士としての誇りを持っていたことは確かだと思います。

イラストは甲冑姿の優し気なおじいちゃんをイメージして描きました。