畠山 高政

河内国, 紀伊国

概説


河内国の生まれ(?)。父は畠山政国(?、畠山晴熙とも)。

舎利寺周辺で起きた戦いでは三好政長と争い辛くも勝利した。しかし同年、三好長慶と同地で争った際には高屋城に敗走し講和した。

細川氏綱方として細川晴元に対抗したが、河内国の実権は守護代・遊佐長教に握られており、河内守護・畠山氏の嫡流である高政は長教の傀儡でしかなかった。

長教が萱振賢継の陰謀で暗殺されたことを機に畠山氏の家督を継いだ。

足利義輝と三好長慶が対立すると、高政は長慶に家臣の安見宗房などを援軍として送った。

高政と宗房の関係が悪化すると、高政は居城・高屋城を追放された。

堺に逃れた高政は長慶の支援によって高屋城を攻め、宗房を追い出した。しかし、高政と長慶の関係が悪化すると高政は宗房と和解、それに怒った長慶は高屋城を占拠し高政と宗房は没落した。

高政は細川晴之や近江の六角義賢と同盟を結び、紀伊の軍勢を率いて京へと進軍、長慶を挟撃して一時的に京から追い出すことに成功した。さらに久米田の戦いにおいて長慶の実弟・三好実休を討取るという大戦果を収め高屋城に復帰した。しかし教興寺の戦いで長慶に敗れたため紀伊へと落ち延びた。こうして河内の支配権は三好氏の手に渡った。

将軍・足利義輝が三好三人衆に殺害されると、高政は実弟の畠山秋高に家督を譲り、自身は義輝の弟・足利義秋(のちの義昭)の擁立に奔走した。

三好家中が分裂した際には松永久秀に与した。

義昭が織田信長に奉じられて上洛するとこれに降伏し、河内半国を安堵された。

義昭上洛後の高政は京に在住していたが、野田城・福島城の戦いでは河内に下向して義昭や信長たちと共に戦った。

弟・秋高が家臣・遊佐信教に暗殺されると、高政は信教からの河内奪還を図るが失敗、高屋城も信長に破却されてしまったため流浪の身となった。

晩年はキリスト教の洗礼を受け、紀伊・河内を流浪の末、失意のうちに死去した。

 

コメント


お坊ちゃま感を出しながらも、戦国大名としてバイタリティに満ちた活動をしている点がすごく魅力的に感じます。また、河内国内は乱れていたものの、紀伊においては一定の支配力を保っていたという点は何気にすごいことではないかと思います。