朝倉 孝景

加賀国, 美濃国, 若狭国, 越前国, 近江国

概説


越前国の生まれ(?)。父は朝倉貞景。

父・貞景が鷹狩りの途中で急死したため家督を継ぎ、朝倉氏十代目(戦国大名朝倉氏としては四代目)当主となった。

若狭・丹後で反乱が起きると、幕命を受けた孝景は一族の朝倉宗滴を派遣してこれを鎮圧、若狭守護・武田元信を助けた。

美濃守護・土岐頼武が長井氏の擁する土岐頼芸に敗れ越前へ逃れてくると、孝景は弟・朝倉景高を美濃へ派遣し戦いは連戦戦勝、頼武を守護の座に復帰させた。

美濃の内乱に近江の浅井氏が介入に乗り出すと、近江小谷城へ宗滴を出陣させ浅井氏を牽制した。六角定頼と浅井亮政の間を調停し、美濃には朝倉景職を派遣して治安維持に取り組んだ。

今日を追われて近江にいた将軍・足利義晴の求めに応じ、宗滴たちに軍勢を与えて洛中へ向かわせた。宗滴は管領・細川高国と合流して、三好元長たちとの合戦に及び、勝利を収めた。

京都は足利氏・細川氏・朝倉氏による実効支配が行われ、孝景は義晴から御伽衆に任命された。しかし、高国との対立が原因で朝倉氏の軍勢は京都から撤兵し越前に帰還した。翌年、高国自ら越前へ下向し孝景に軍勢派遣を要請したが、孝景は応じなかった。

享禄の錯乱に乗じて宗滴を派遣し加賀一向一揆を攻撃した。

将軍家から塗輿に乗る権利を認められ、それから数年後には幕府相伴衆にも任命された。

美濃で混乱が広がると弟・景高を派遣し大野郡穴間城を攻略した。しかし、この頃から孝景と景高は不仲になり、やがて景高は謀反を計画するに至ったが失敗、西国へと落ちていった。

越前に逃れてきた頼武の子・土岐頼純を美濃守護にすべく、尾張の織田信秀と協力して美濃の斎藤道三と土岐頼芸を攻めた。井口城(稲葉山城)下を焼き払ったが、道三に夜襲をかけられて大損害を出し敗退した。

波着寺への参詣の帰りに急死した。

 

コメント


自らは戦いに出ず優秀な一族や家臣に対処させる、財力・政治力・軍事力・人材力、すべてが揃っているからこそ成せるやり方だと思います。豊後の大友氏も同じやり方をしていますよね。

孝景本人の軍事的な才能は分かりませんが、越前に京文化を取り入れて公家や将軍家との交流を盛んにし、朝倉景高や宗滴など優秀な人材を用いることで越前に平穏をもたらした功績は大変大きいです。