百武 賢兼

ひゃくたけ ともかね

筑後国, 肥前国

概説


肥前国の生まれ(?)。父は戸田兼定。

龍造寺氏に仕えたのは父・兼定の代からである。

少弐氏の家臣だった龍造寺氏は大内氏との戦いで活躍し、主家を凌ぐほどの勢力を持つまでになった。

少弐氏の当主・少弐資元は大内氏と和議を結ぶが、最後は自害に追い込まれた。このとき龍造寺一門の長老・龍造寺家兼は資元救援に消極的で自害を黙認したとされる。龍造寺氏は引き続き資元の子・冬尚に仕えた。

一方、同じく少弐氏の重臣である馬場頼周は家兼の行動を謀反と考え、密かに粛清を計画した。そして家兼の子や孫たちはそれぞれ川上神社と祇園原において馬場・神代の軍勢に襲撃され討取られてしまった。

賢兼の父・兼定も祇園原における戦いで討死した。

家兼は辛くも脱出に成功し、筑後の柳川城主・蒲池鑑盛を頼って落ち延びた。

蒲池氏の支援を受けて家兼は挙兵し、馬場頼周を討取ることに成功、龍造寺氏を再興させた後、天寿を全うしこの世を去った。

賢兼は家兼の跡を継いだ曽孫・龍造寺隆信に従って数々の戦いに参戦、その武勇を称えられて隆信から「百武」姓を賜った。

田尻鑑種が龍造寺氏に背いた際、田尻氏の城がいずれも堅城で落ちなかった。賢兼は知己であった田尻氏の一族・田尻了哲を通して事態の収拾に努め、奔走の甲斐もあって田尻氏は龍造寺家臣に復帰した。

隆信が筑後柳川城を攻める際、賢兼はかつて龍造寺氏が蒲池鑑盛に助けられたことへの恩義(隆信も家中の反乱に遭って一時匿われたことがある)から涙を流し、最後まで出陣しなかった。

有馬晴信が反旗を翻し龍造寺方の城を攻めると島津氏もこれに加勢した。隆信は味方を救援すべく軍勢を差し向けたが、戦いは進展しなかった。

業を煮やした隆信は決戦を決意し自ら大軍を率いて出陣、有馬・島津連合軍と戦うため戦地に向かい、賢兼もこれに従った。

龍造寺軍は兵力差において圧倒的に有利だったが、島津軍の巧みな誘導で隘路に誘い込まれたところを連合軍による一斉攻撃を受け総大将・隆信は討死、賢兼も命を落とした。

賢兼の死後、百武氏は養子の茂兼が継ぎ、龍造寺氏の没落後は鍋島氏の重臣として仕えたとされる。

 

コメント


「百武」のインパクトが強いため武勇一辺倒なイメージもありますが、やはり龍造寺氏の重臣を務めただけあって、智勇兼備な武将だったように思えます。

イラストは勇猛果敢な厚い男をイメージして描きました。