波多野 秀治

丹波国

概説


丹波国の生まれ(?)。父は波多野晴通(?)。

祖父・波多野植通は丹波の一国人に過ぎなかったが、八上城を築いて周辺勢力を支配下に収め、その実力を細川高国や細川晴元にも認められて幕府評定衆に列せられるまでになった。

しかし秀治の父の代で細川氏と対立する三好氏と争うようになり、三好家臣・松永久秀の弟・松永長頼(のちに内藤宗勝)の侵攻を受け遂に八上城は落城してしまった。

秀治は同じ丹波国人で波多野氏とも縁のある萩野(赤井)直正を頼り落ち延びた。

直正が黒井城の戦いで内藤宗勝を討ち取ると、秀治は八上城に返り咲いた。

織田信長が足利義昭を奉じて上洛すると、直正と共に信長に降った。

しかし、信長と義昭の関係が次第に険悪になると、丹波国衆の中には義昭に味方する者も出てきた。そのような中で但馬の山名祐豊が赤井領へと侵攻してきたため直正はこれを撃退し、逆に山名領へと侵攻し此隅山城と竹田城を占拠した。

これに対して祐豊は信長に救援を依頼したため信長は丹波攻めを決定、明智光秀率いる織田軍に黒井城は包囲された。

秀治は光秀に従い黒井城を攻めていたが、突如織田軍を背後から突き敗走させた。おそらく苦慮した末の決断だったと思われる。この戦いで光秀は命からがら京へ逃げ戻った。

信長は怒り光秀に対して再度丹波侵攻を命じた。

秀治は直正や丹波国人衆たちと共に徹底抗戦の意思を示し八上城に籠城、迫り来る織田軍を地の利を生かして幾度も撃退した。

しかし長期籠城の間に赤井直正が病死し、八上城の兵糧も底を突いてしまった。また、丹波周辺の反織田勢力も次第に撃破されていったため、遂に秀治は光秀に降伏した。

秀治は弟・波多野秀尚と共に安土へ送られ、信長の命によって磔刑に処され生涯を終えた。

 

コメント


漫画などでは信長に逆らう曲者のように描かれることが多いですが、おそらく実際の秀治は色々な感情と戦った結果、信長に反旗を翻すことになってしまった可哀相な人なのだと思います。

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」でもきっと登場すると思いますが、楽しみという気持ちと、最期を見たくないという気持ちで複雑です。