吉川 元春

伯耆国, 出雲国, 周防国, 因幡国, 安芸国, 石見国, 長門国

概説


安芸国の生まれ。父は毛利元就

吉田郡山城の戦いでは父・元就の反対を押し切って出陣し初陣を飾った。

母方の縁戚である吉川興経の養子となり、吉川氏の家督を継承した。まもなく興経は父・元就の命を受けた熊谷信直たちに殺害された。

厳島の戦いでは小早川勢と共に大内軍の総大将・陶晴賢を打ち破り自害に至らしめた。

元春は石見国へ遠征して山吹城を降し、石見銀山を支配下に置いた。

父・元就は石見国に兵を進め、温湯城に籠る小笠原長雄を降した。温湯城の救援に失敗した晴久は軍勢を転じて山吹城を攻めた。宍戸隆家が救援に向かったが、尼子軍の想定外の攻撃に遭い大敗した。

晴久の死後、元就による月山富田城攻めが行われ元春も従軍した。この戦いで尼子氏は降伏し滅亡した。

山中幸盛率いる尼子再興軍を布部山の戦いで撃破した。また、大友宗麟のもとに寄食していた大内輝弘が周防国に攻め寄せると、元春は大友軍が集結する前にこれを破った。

末吉城を攻め落とし山中幸盛を捕虜にしたが脱走された。

父・元就が死去すると、すでに兄・毛利隆元も死去していたため、その子・毛利輝元を支えるべく、弟・隆景と共に補佐役を務めた。

羽柴秀吉率いる織田軍が播磨国へ侵攻すると元春はこれを迎撃した。織田氏の傘下に入っていた尼子勝久を上月城にて自害させ、長年毛利氏を苦しめた幸盛も捕らえて処刑した。

備中高松城が秀吉の水攻めに遭うと、元春たち毛利軍は救援に駆け付けたが、両軍共に積極的に動けず戦線は膠着した。

秀吉との和睦交渉が成立し、元春たち毛利軍の将兵は忠臣・清水宗治の切腹を見届けた。秀吉率いる織田軍も足早に撤収していった。

その翌日、紀州・雑賀衆から信長横死の報せを受けた。毛利軍の将兵は激昂し追撃しようとしたが、元春と隆景はそれをよしとせず皆を制止した。

元春は嫡男・吉川元長に家督を譲り隠居した。

元春は秀吉を嫌い非協力的だったが、周囲の説得もあり九州征伐にはしぶしぶ参加した。しかし、すでに元春の身体は健康を害しており出征先の豊前小倉城で死去した。

 

コメント


血の気が多い武人という勝手なイメージが強かったのですが、調べてみると冷静さをしっかり持った優秀な司令官であったことが分かりました。元就の子なので当然といえば当然かもしれませんね。

イラストは私個人のイメージそのままです。