河野 通直

伊予国

概説


伊予国の生まれ。父は村上通康(?)。母は天遊永寿。

先代当主の河野通宣に跡を継ぐ子がいなかったため、養嗣子として河野氏に迎えられた。これは母・永寿が夫・通康死後に、姻戚・同盟関係にあった毛利氏(特に永寿の養父・小早川隆景)の意向で通宣に再嫁した繋がりによるものと伝わっている。

長宗我部元親の伊予侵攻に苦慮し、またこれに同調して何度も反乱を起こした大野直之とも争った。

通直は若年でありながら人徳厚く、何度も争い合った直之も河野氏へ降伏後は通直に心従したと伝わっている。

毛利氏の支援もあって、長宗我部氏による伊予侵攻を何とか防いでいた通直だったが、金子元宅との関係を強化して侵攻を激化した長宗我部勢に対し、渡海して応援に駆け付けていた毛利勢は次第に劣勢となっていった。そして状況の好転は望めないと悟った通直はついに長宗我部氏に降伏した。

羽柴秀吉による四国攻めが始まると、通直は長宗我部勢の前衛として湯築城に籠った。羽柴方として小早川隆景が攻めてくると、その説得に従い湯築城を開城して降伏した。このとき、通直は隆景に謁見して城内の子供たちの助命嘆願を行ったとされる。

こうして大名としての伊予河野氏は滅亡した。

秀吉によって伊予一国は隆景に与えられ、河野家臣団は小早川氏の支配下に組み込まれた。通直は安芸竹原で蟄居したが、程なくして死去した。

豊臣政権が伊予の旧勢力を排除するため、通直を後見人である隆景と引き離した上で自害させた可能性があるという。

 

コメント


「いい人ほど早く死ぬ」という言葉がありますが、通直もその一例として挙げられるかもしれませんね。若くして亡くなっているため、統治者としての実力は分かりませんでしたが、人間的には優れた人物だったのだろうと思います。