遠藤 直経

近江国

概説


近江国の生まれ。父は遠藤主膳。

遠藤氏は浅井氏が京極氏の被官だった頃からの譜代家臣で、直経は小谷城下に居館を持つことを許されていた。大依山砦の守将を務めたとされているが時期は不明。

主君・浅井長政から厚い信頼を寄せられ、六角氏攻めを決意するにあたっては真っ先に直経に相談したとされる。

尾張国の織田信長に早くから警戒心を抱いており、近江佐和山城を訪れた信長の接待役を任された際には信長の暗殺を計画した。しかし、主君・長政の反対により未遂に終わった。

織田氏と朝倉氏の関係が悪化すると、浅井家中ではどちらに付くべきか議論になった。直経は信長の実力を認めていたため、織田氏に付くべきと主張したが、長政の父・浅井久政が朝倉氏を重んじる姿勢を貫いたため長政もこれに屈し、直経の主張は退けられた。

近江姉川において浅井・朝倉連合軍が織田・徳川連合軍に敗れ総崩れになると、直経は味方武将の首を持って信長の陣に潜り込んだ。信長に一太刀浴びせて死のうと考えていたのだろう。

しかし、信長まであと少しというところで竹中重矩に看破され直経は討取られた。

 

コメント


個人的になんとなくですが、河尻秀隆と似たタイプの人物だったのかなと思っています。もっと生きてほしかった武将の一人です。