浅井 久政

近江国

概説


近江国の生まれ。父は浅井亮政。

父・亮政の死去に伴い家督を継いだ。

久政は側室の子であったため、亮政と正室との間にできた娘の婿・田屋明政が反乱を起こしたとも伝わっている。

久政が当主となってからは六角氏に従属的な姿勢を示し、嫡男・猿夜叉丸(のちの浅井長政)に六角氏当主・六角義賢から一字拝領して浅井賢政と名乗らせ、また、六角家臣・平井定武の娘を娶らせた。

久政は六角氏に従属することでその先進的な政策を取り入れ領内の安定化に努めた。また、軍事支援を得てかつて北近江に広大な領地を持っていた京極氏による復権を阻止した。

しかし、徹底した従属姿勢に対し家臣が不満を持ち始め、賢政が六角氏との戦いに大勝すると久政は強制的に隠居させられ家督を賢政に譲った。そして賢政も平井定武の娘を離縁することとなり、名を新九郎に戻した。

尾張国の織田信長が浅井氏に同盟を持ちかけてくると、久政はこれに反対したが最終的には新九郎が信長の妹・お市を娶ることで同盟が締結された。新九郎は名を長政に改めた。

久政は終始織田氏との関係構築に反対し、長政もついに折れて信長に反旗を翻した。浅井氏は越前国の朝倉氏と連携して長年抵抗を続けたが、信長によって朝倉氏が滅ぼされてしまい、浅井氏も本拠・小谷城を包囲されるまでに追い詰められた。

城は頑強に抵抗したが、京極丸が織田家臣・木下秀吉によって落とされたことで、長政の籠る本丸と久政の籠る小丸が分断されてしまった。木下勢は次の標的を小丸に定めた。

久政は家臣に命じて敵勢を食い止めさせると、自らは一族および舞楽師・森本鶴松大夫と共に別れの盃を傾け、その後切腹して果てた。

 

コメント


久政の肖像画を見るととてもがっちりした体形をしており、大河ドラマや漫画に登場する姿とは違った印象を受けます。久政の血を引く子孫たちは大柄な人が多いので、久政もきっと大柄な人物だったのだと思います。

イラストは信念を強く持ってどっしりと構える姿をイメージして描きました。