陶 晴賢

周防国, 長門国

概説


長門国の生まれ。父は陶興房。

陶氏は大内氏の一族で、代々重臣として仕えていた。晴賢も少年時代から大内義隆に仕え、父・興房が死去すると家督を継いで重臣の席に列した。

はじめ晴賢は陶氏の慣習に倣い主君・義隆から一字拝領して隆房と名乗った(晴賢を名乗ったのは死去するまでの数年間)。

吉田郡山城において安芸国人の毛利元就が出雲国の尼子詮久(のちの晴久)に攻められた際、毛利方の援軍の総大将として出陣し、尼子氏の大軍を撃退することに成功した。

主君・義隆に従って尼子氏の居城・月山富田城を攻めたが、味方の寝返りが発生したため大内勢は総崩れとなった。尼子勢の追撃は厳しく、海路での退却を図った義隆の養嗣子・大内晴持が溺死するなど被害は甚大だった。

戦いに敗れ、可愛がっていた晴持までも失った義隆は軍事への関心を示さなくなり文治主義的な傾向をさらに強めていった。こうして武断派の影響力は失われていき、晴賢と義隆の仲も悪化していった。

晴賢は巻き返しを図り文治派筆頭の相良武任を失脚させ隠居に追い込んだ。

大内家内での主導権を取り戻すと、義隆の命を受け毛利元就と共に神辺城を攻撃した。

武任が復帰すると、晴賢は彼の暗殺を企てた。しかし、この動きは事前に察知されて義隆の知るところとなり、晴賢は詰問を受け大内家内での立場を失った。

晴賢との対立を避けたかった武任は融和策を巡らせたがどれも失敗に終わり再度大内家から出奔、周防で抑留されたため義隆へ弁明したが、その中で晴賢たちのことを讒訴するに至ったため、両者の関係は破局を迎えた。

晴賢は挙兵して主君・義隆を大寧寺において自害に追い込み、義隆の嫡男・大内義尊も殺害、長年の政敵であった武任も殺害した。

大内氏の新たな当主として義隆の養子・大友晴英(のちの大内義長)を擁立し、軍備強化を徹底したがこの政策が裏目に出て大内傘下の諸勢力の反感を買った。

自身に反抗的な石見国の吉見正頼を攻めたが、その隙に毛利元就によって安芸国内の大内方勢力を平定されてしまった。

晴賢自ら大軍を率いて安芸厳島へ出陣、毛利方の宮尾城を攻略するため塔の岡に本陣を構えた。しかし、暴風雨に紛れて近くに潜んでいた毛利勢によって奇襲を仕掛けられ大内勢は総崩れとなった。

陸も海も毛利方の手に落ち逃げ場を失った晴賢は大江浦において自害して果てた。

 

コメント


おそらく主君である義隆が気落ちせずそのまま一生を終えていたら、晴賢の人生も大きく違っていたのだろうと思います。

イラストは一番キラキラしていた頃の晴賢をイメージして描きました。