柿崎 景家

越後国

概説


越後国の生まれ。父は柿崎利家。

越後守護代・長尾為景に仕え、彼の死後はその子・長尾晴景に仕えた。

林泉寺の住職・天室光育を招いて楞厳寺を建立した。

越後天文の乱で国内が乱れると、黒滝城主・黒田秀忠が謀反を起こして主君・晴景の居城・春日山城に攻め込む事態に発展した。しかし、晴景の弟・長尾景虎(のちの上杉謙信)はたちまち秀忠を討伐し、越後国内の争乱も鎮圧したため彼の武名は一躍高まった。

このような経緯から晴景よりも景虎を当主にと支持する声が高まり、景家も景虎を支持した。

景虎からの信頼厚く、春日山城の留守居役を任された。

景虎による小田原城攻めに従軍し、鶴岡八幡宮での関東管領就任式では斎藤朝信と共に太刀持ちを務めた。

武田信玄との第四次川中島の戦いでは上杉軍の先鋒として活躍し、敵軍を壊滅寸前に陥らせたとされている。

上杉氏(長尾氏改め)による重要な施策に携わり、北条氏康との越相同盟締結にも尽力した。この時、子の柿崎晴家を人質として北条氏へ送った。

織田信長との内通を疑われ殺害されたという説があるが、時期が合わないためおそらく病死であろう。

 

コメント


景家については単純に「猛将」というイメージしかありませんでしたが、いざ調べてみると、各場面において抜群の調整力を発揮できる、そんな人物だったのではないかと個人的には感じました。

イラストは渋柿をイメージして描きました。