朝比奈 泰能

三河国, 遠江国, 駿河国

概説


遠江国の生まれ(?)。父は朝比奈泰煕。

父・泰煕が死去したため家督を継ぐが、まだ若年であったため叔父・朝比奈泰以の後見を受けた。

今川氏親・氏輝・義元の三代に仕え、今川仮名目録にも重臣として記された。

義元の生母・寿桂尼の兄・中御門宣秀の娘を娶り今川氏の姻戚となった。

今川義忠(氏親の父)の命で父・泰煕が築城した掛川城を居城とし、義元の遠江・三河方面への戦略を常に補佐した。

小豆坂の戦いでは副将として総大将の太原雪斎を補佐した。

岡崎城主・松平広忠(徳川家康の父)が死去すると、城の接収役を務めた。

桶狭間の戦いで義元が討死する三年前に病死した。雪斎もそれ以前に死去しており、今川氏にとって重臣の相次ぐ死去は痛手となった。

 

コメント


個人的に副将格の武将が特に理由もなく好きで、泰能もそのうちの一人に含まれます。雪斎と外交文書に連署していたことからも、相当重要な立場で働いていたことは間違いないでしょう。イラストはえらの張った厳しめな顔の重鎮をイメージして描きました。