丹羽 長秀

加賀国, 尾張国, 若狭国, 越前国, 近江国

概説


尾張国の生まれ。父は丹羽長政。

丹羽氏は元々、斯波氏の家臣だったが、父か祖父の代には水野氏に仕えていた可能性があるらしい。そこから織田氏に転仕したしようで、長秀も若年の頃から織田信長に仕えた。

萱津の戦いや稲生の戦い、桶狭間の戦いに従軍した。

信長の庶兄・織田信広の娘(桂峯院)を娶った。

美濃攻めが激化すると、長秀は犬山の和田新介と中島豊後、美濃の佐藤忠能の投降を仲介する手柄を立てた。また、美濃猿喰城攻めや堂洞城攻めで活躍した。

信長による足利義昭を奉じた上洛戦では、佐久間信盛や木下秀吉と共に六角氏の箕作城を攻略した。

上洛直後は明院良政や村井貞勝と共に禁中や近江方面の諸政に携わった。一時京を離れたが、再度上京し秀吉や明智光秀、中川重政たちと共に畿内の行政に携わった。

伊勢大河内攻めに従軍した。信長の命で稲葉良通、池田恒興たちと共に夜討ちをかけたが失敗に終わった。

姉川の戦いでは恒興と共に徳川家康の加勢として朝倉勢と戦った。

戦後、近江佐和山城攻めを命じられた。城を包囲中、志賀の陣が勃発すると一揆に襲われながらも信長の下へ駆けつけた。陣後、佐和山城攻めに復帰し、城将・磯野員昌を降伏させることに成功した。

長秀は佐和山城代として入城したが、間もなく城主に任じられた。

将軍・足利義昭が信長に反抗し槙島城に籠ると、信長に従ってこれを攻めた。

信長が浅井長政の籠る小谷城を攻めるため出陣するとこれに従軍。浅井氏救援のため朝倉義景の大軍がやってきたが士気が低く、浅井方武将の寝返りもあり義景は撤退を決断した。このとき長秀やその他織田家臣たちは機を逃さないようにと信長から命じられていたが、追撃が遅れたため後に叱責されている。

朝倉氏滅亡後、長秀は若狭一国の支配を任された。織田家臣団初の国持ち大名となった。

当初は若狭守護である武田元明の権限もある程度認められていたようだが、少しずつ長秀による支配が進んでいった。

高屋城の戦いや長篠の戦い、越前一向一揆との戦いにも従軍した。その他、畿内各地における戦いにも従軍しており、遊撃軍としての活動が多い。

信長から安土城の普請奉行に任じられ、見事大役を果たした。

京都御馬揃えでは一番目の入場を許され、若狭衆や摂津衆たちを率いて入場した。

佐久間信盛の失脚後は、重臣筆頭に繰り上がった柴田勝家に続く次の席次が与えられた。

信長の子・織田信孝の四国方面軍の副将に任じられるが、堺に布陣していた際に本能寺の変で信長が横死してしまった。逆臣の娘婿であるとして津田信澄を討ったが、長秀たちの軍勢も逃亡により激減していたため、あとは守りを固める以外に手が無かった。

中国攻めから急遽引き返してきた羽柴秀吉の軍勢と合流し山崎の戦いにて光秀を破った。明智方に落ちていた佐和山城も回復した。

長秀は織田家内で台頭してきた秀吉と筆頭家老である柴田勝家の間を取り持って平和裏に政治を進めようとしたが、両者の関係が険悪になると織田家内における出番は遂に無くなった。

以後は秀吉に恭順の姿勢を示し、賤ケ岳本戦には参加していないものの秀吉方として海津・敦賀に兵を出し勝家方を牽制した。

戦後、若狭に加え越前および加賀の一部地域を与えられ全国でも有数の大名となったが、程なくして積寸白という寄生虫病のため死去した。

 

コメント


温厚で誠実なイメージが強いですが、信長の命であるにせよ誅殺も結構行っています。秀吉との関係にも見えますが、時流を見極め上下関係を分別できる人物だったのだと思います。

イラストは現存する肖像画を参考に、品のある上級指揮官をイメージして描きました。