竹中 重治

播磨国, 美濃国, 近江国

概説


美濃国の生まれ。父は竹中重元。

斎藤道三とその子・斎藤義龍との間で長良川の戦いが勃発、重治は道三方として参加し初陣を飾った。戦いは道三方の敗北に終わり、大将である道三は討死、斎藤氏は義龍が率いることとなった。戦後、父・重元が留守中に義龍勢が屋敷を襲撃、重治は弟・竹中重矩と共にこれをよく防ぎ退けた。

重治は重元の死去に伴い家督を相続し菩提山城主として義龍に仕えた。義龍死後はその子・斎藤龍興に仕えた。

義龍死後、尾張国の織田信長が美濃侵攻を激化し、森部の戦いで斎藤勢は敗れ、本拠の稲葉山城にまで侵攻を許した。しかしこの時は織田勢も攻略できず撤退した。

信長が再度侵攻してきた際、斎藤勢は新加納でこれを迎え撃ち、重治は巧みな伏兵術で織田勢を翻弄、撃退に成功した。

主君・龍興は先代たちに比べて凡庸で家臣たちの信望を得ることにも失敗していた。そのような中、重治は舅である安藤守就と共に稲葉山城を襲撃し龍興を追放した。半年間ほど占拠したが、龍興方の勢力に押されたため稲葉山城から退去した。

龍興が信長によって美濃から追放されると、重治は浅井長政の元で客分とし禄を食んだ。しかし一年ほどで禄を辞して旧領へ戻り隠棲した。

重治を登用したいと考えていた信長は木下秀吉に命じて勧誘を開始、度重なる交渉の末に信長の直臣として織田氏に仕官した。

織田氏と浅井氏が敵対関係になると、重治は浅井氏時代の人脈を使い調略面で活躍した。

姉川の戦いでは斎藤氏時代にすでに織田方に寝返っていた舅・守就の軍勢に参加した。戦後すぐに行われた横山城攻めで織田勢は勝利し、重治は秀吉と共にその与力として横山城に入った。

秀吉が中国攻めの総大将に任命されると、重治もこれに従った。佐用城攻めでは秀吉の参謀となっていた黒田孝高と共に先陣を務めた。

宇喜多氏の備前八幡山城攻めでは調略を駆使して落城させることに成功し、信長からもその活躍を賞賛された。

荒木村重が織田氏に反旗を翻した際、孝高は説得のため村重の籠る有岡城へと足を運んだ。しかし、孝高は土牢に幽閉されてしまった。彼が帰って来ないことを裏切りと思った信長は、子の黒田松寿丸(のちの黒田長政)を処刑するよう秀吉に命じた。このとき重治は信長に対して偽首を提出することで松寿丸を助け、自身の領地である菩提山城下で匿った。

播磨において三木城を包囲中に病に倒れ陣中で没した。

 

コメント


小学生の頃、重治といえば清廉でインテリチックなイケメン武将というイメージが強くありました。たしかに知性があり人間関係も上手くやれるタイプだったのだろうといます。しかし歳を重ねた今、改めて考えてみるとなかなか狡猾な人のようにも思えます。戦国の世を生きただけあって本当に武将らしい武将だったのではないでしょうか?