本多 忠勝

三河国, 上総国, 伊勢国

概説


三河国の生まれ。父は安祥松平氏の譜代家臣・本多忠高。

父・忠高は太原雪斎率いる今川軍に従い安祥城を攻めて討死を遂げた。まだ幼子だった忠勝は叔父の本多忠真に養育された。

桶狭間の戦いの前哨戦である大高城への兵糧入れで初陣を飾る。このとき織田方の山崎多十郎に討取られそうになったが、忠真が槍を投げつけたおかげで窮地を脱した。

鳥屋根城攻めで忠真が忠勝に敵の首を譲ろうとしたが、忠勝はこれを断り敵陣に突入、自身の手で敵将の首を取って帰ってきた。

今川義元戦死後、主君である松平元康(徳川家康)は今川氏から独立、忠勝もこれに従った。

三河一向一揆では一向宗から浄土宗に改宗し、家康と共に一揆勢と戦った。忠勝はその忠誠心と武功から旗本先手役に抜擢され、常に家康の側で仕えることとなった。

姉川の戦いにも従軍した。

二俣城の戦いの前哨戦である一言坂の戦いでは、偵察隊として内藤信成と共に先行していたが、武田軍と遭遇したため偵察隊は退却、追撃を受けた。このとき忠勝は徳川本隊を逃がすべく大久保忠佐と共に殿軍を率いて奮戦、浜松城へ無事に撤退させ自身も生還した。しかし、二俣城は包囲され対処できず落城した。

三方ヶ原の戦いでは左翼を任された。戦いは徳川軍の惨敗であったが、忠勝自身は山県昌景の軍勢を撃退することに成功している。また、夜襲を敢行しこちらでも成果を収めた。

長篠城攻めでは榊原康政と共に武田軍を破り入城した。

長篠の戦いおよび高天神城の奪還戦にも従軍し戦功を重ねた。

本能寺の変が起きた際には家康と共に堺にいた。取り乱す家康を説得し伊賀越えを敢行、なんとか三河に帰還した。

小牧・長久手の戦いでは豊臣秀吉率いる大軍勢が竜泉寺に向けて進軍していることを知り、忠勝は少数の兵を従えて急行、秀吉の動きを妨害した。

家康は秀吉の傘下に入り関東へと移封された。忠勝は家康から上総国に領地を与えられ安房の里見氏への抑えを任された。

関ケ原の戦いの際には家康本陣におり軍監を務めた。竹ヶ鼻城攻めや岐阜城攻めにも参戦し、また、諸大名への寝返り工作も行った。戦後は伊勢国桑名に移封され、町割りや宿場の整備を行い領国経営に熱を注いだ。

晩年には眼病を患ったため嫡男・本多忠政に家督を譲った。隠居後、程なくして息を引き取った。

 

コメント


てんてんてんてんてててん♪ てんてんてんてんてててん♪ てんてんてんてんてて、てんてんてんてんてて、。。。(音楽の成績は常に2でした)