梶谷 景雄

伊予国

概説


伊予国の生まれ(?)。父は梶谷景則。

父・景則は宇都宮豊綱の老臣として伊予高森城を守っていたが、同じく宇都宮氏に仕え長宗我部元親の調略で主君・豊綱を追放した地蔵ヶ嶽城主・大野直之に城を追われた。景則は湯築城主・河野通直を頼り落ち延びた。

その後、景則は病に倒れ長男・景雄、次男・景晴、三男・良景の三人に高森城奪還が最善の供養であると言い残し死去した。

数年後、景雄たち三兄弟は激しい風雨に乗じて高森城に攻め入った。大野直之は逃がしてしまったが、城の奪還には成功し父の無念を晴らすことができた。

長宗我部氏の軍事力を背景に、再び直之が高森城を攻めてきたが、景雄たちの善戦と河野氏側の援軍として毛利勢が後詰にやってきたことで城は落城を免れた。

景雄たちは河野氏の家臣として続いたと思われるが、やがて河野氏も豊臣秀吉による四国征伐軍に降っており高森城は廃城となった。

 

コメント


イラストは若年の景雄が高森城周辺を眺めている様子です。城を追われ、再び戻ってきたとき、景雄の目にはその景色がどのように映ったのでしょうか。