田村 清顕

陸奥国

概説


陸奥国の生まれ(?)。父は田村隆顕。

佐竹義重が侵攻してくると、蘆名盛氏・盛隆父子と共に敵方の拠点・寺山城を攻撃した。滑津に来襲した義重も一族の田村顕頼が撃退した。

義重が赤館に侵攻してくると、蘆名氏と協力してこれを迎え撃ち撃退に成功した。

岩瀬郡越久と安積郡福原の領有をめぐって蘆名・二階堂氏と対立し田村氏はこれと交戦、福原における戦いでは大勝を収めた。

佐竹・蘆名・二階堂氏や石川・白川氏が和議を結ぶと、清顕は四方を敵に囲まれる状態となり窮地に陥った。唯一、正室の実家である相馬氏とは友好関係にあった。

清顕は安積への侵攻を決定し、大内義綱を先陣として片平城を攻略、高倉城と郡山城も落とし安積の地を支配下に置いた。

蘆名氏と二階堂氏が安積へ侵攻を始め、背後からも岩城常隆が田村領へ侵攻してきたが、清顕はこれらを撃退することに成功した。

白河結城氏や佐竹氏の諸城も攻め落とし佐竹方の勢力を後退させた。

清興は一人娘の愛姫を伊達政宗の正室として嫁がせ伊達氏と婚姻を成立させた。

弟・田村氏顕は岩瀬郡に侵攻して二階堂盛義と戦ったが敗退、田村領への逆襲を許してしまった。他方で、二本松義国・義継親子が本宮へ侵攻してきた際は清顕自ら出陣して撃退した。

蘆名盛氏が死去すると蘆名・二階堂氏の田村氏への攻勢が強まり、佐竹氏による攻撃も始まった。伊達氏の斡旋で蘆名・二階堂氏と和議が成立したが、この講和は間もなく破綻した。

麾下に属していた大内定綱も反抗を開始し、田村氏は連敗を重ねた。ついに清顕自身が出陣したが、定綱の攻勢に圧倒され敗走、大内氏は独立を果たした。

定綱は伊達政宗に対して配下に加わりたいと申し出た。政宗はこれを受け入れたが、定綱は居城・小浜城に帰城するとこれを反故にした。清顕は政宗に大内攻めを依頼し、政宗もこれを承諾し直ちに出兵した。

伊達勢は大内方の小手森城を攻め、田村勢もこれに加わった。約束を破られた政宗の怒りは凄まじく、城兵は撫で斬りにされ残らず討取られた。

報せを受けた定綱は慌てて二本松、会津へと逃れ蘆名氏を頼り落ち延びた。

定綱追放を達成した清顕だったが、直後に急逝した。

 

コメント


複数の書籍を参考にしてまとめてみましたが、東北諸勢力の離合集散があまりにも活発で頭がおかしくなりそうでした。文章上から読み取っただけでも混乱するのに、実際の状況を生き抜いた清顕はどういう思考回路で臨んでいたのか大変興味深いです。

イラストは、若白髪な清顕が熟考の末に答えを導き出した様子をイメージして描きました。