志村 光安

出羽国

概説


出羽国の生まれ(?)。父は志村光清。

最上氏譜代の家に生まれ、最上義光に仕えた。気が強く弁舌が達者であったらしい。

主君・義光の出羽守叙任を認めてもらうため、当時の天下人である織田信長のもとへ使者として派遣された。交渉の結果、義光の出羽守叙任が認められた。

慶長出羽合戦が勃発すると、上杉軍の侵攻に備えて光安は長谷堂城の守備を任された。

上杉氏の重臣・直江兼続が率いる軍勢は、まず最上方の最前線に位置する畑谷城を攻めた。城将の江口光清には義光から山形城への撤退命令が出ていたが、光清はこれを無視して徹底抗戦の姿勢を貫いた。光清は大激戦の末に城兵と共に討死した。

畑谷城を落とした直江勢は光安の籠る長谷堂城を包囲した。長谷堂城が落城すれば山形城への攻撃は必至の状況であった。

光安は援将の鮭延秀綱と共に籠城、二人は決死隊を率いて夜襲を仕掛け敵将・春日元忠の軍勢を同士討ちさせるほどの大混乱に陥れた。

翌日、兼続は元忠に長谷堂城を攻め立てさせたが、城の周辺は深田になっており人馬の行動力は制限された。光安はそこに一斉射撃を浴びせて敵勢を散々に蹴散らした。

兼続は方針転換して刈田による城方の挑発に出たが、光安はこれに乗らず、逆に笑止と送り付け挑発した。

伊達氏の援軍が到着すると、主君・義光も出陣し戦況は一時膠着したが、ついに上杉軍は長谷堂城への総攻撃を敢行、光安は奮戦して敵将・上泉泰綱を討取るなど抵抗を続けた。

そのような中、中央では石田三成率いる軍勢が徳川家康の軍勢に敗れた。石田方に与していた上杉軍はこの報せを受けて撤退を開始、光安は城を守り抜くことに成功した。

義光は上杉追撃に転じ光安もこれに従った。義光は猛攻撃を仕掛けたが、兼続も何とかこれを振り切り米沢へ帰還した。

戦後は庄内における寺社の復興に尽力した。

 

コメント


文武両道で喋りも上手く、おまけに気が強かったとのことで、もし自分の知り合いにいたらペコペコしっぱなしになりそうです(実際にいますが…仲は良いです)。イラストはバイタリティ高めな指揮官をイメージして描きました。刀を持たせていないのは口で兵を動かすイメージを強くしたかったから(という後付け理由)です。