新田 喜斉

上野国, 遠江国

概説


上野国の生まれ(?)。新田友作、義一とも。新田義貞の末裔とされる。

故郷の上野を出て牢人となり、放浪の末に遠江気賀に定住したらしい。

桶狭間の戦いで今川義元が討死すると、気賀の人々は今川氏と敵対する勢力に抵抗するために堀川城を築城した。城主には浜名湖と都田川の水運活動に尽力し、堀川の開発に貢献した喜斉が選ばれた。

徳川家康が遠江への侵攻を開始すると、今川氏に従属する堀江城主・大沢基胤に同調した竹田・山村・尾藤などの諸豪族と共に喜斉は堀川城に籠った。

喜斉は勝ち目が無いとして徳川氏への降伏を主張するが、今川派の竹田・山村・尾藤氏に反対され城を去ることとなった。

堀川城は激戦の末に力尽きて落城、城に籠った者は撫で斬りにされ捕縛された者も容赦なく処刑された。

時代は過ぎて徳川の世に移り始めた頃、気賀を挙げて代官所に訴状を出すこととなった。領民たちは文字を書ける喜斉に訴状の執筆を依頼し、喜斉もこれに応じた。

しかし、訴状を読んだ代官から喜斉は「非分之罪」であるとされ処刑された。

 

コメント


資料が少ないためイメージに苦しみました。悩んだ結果「一揆の大将として祭り上げられた現実的判断ができる武将」として描きました。

最期は処刑という悲しい結末でありますが、その理由が何にせよ、放浪者だった自身を受け入れてくれた気賀の人々を大切にした律儀で優しい人物だったことは間違いないでしょう。

資料提供いただきました@Commander_Nitta様(Twitterへのリンクです)に心から感謝申し上げます。