小野崎 親通

常陸国

概説


常陸国の生まれ(?)。山尾小野崎氏当主。

佐竹氏の内紛では宗家と対立する佐竹山入家に与した。

山入氏義は宗家当主・佐竹義舜の居城である太田城を攻めて義舜を金砂城に追いやった。この間に親通も佐竹領の一部を押領し自家の勢力を拡大した。

佐竹義舜の正室の実家である岩城氏が内紛の仲介役を買って出ると、山入側からは親通と江戸通雅が和睦交渉の担当者として協議を重ねた。

佐竹側との和議条件の一つとして山入側が以前奪った太田城の返還があったが、山入氏義は義舜との対立を理由に返還せず、義舜の居城・金砂城までも攻めた。義舜は自害寸前に追い込まれたが天候の変化に乗じて反撃し山入勢を散々に打ち破った。

その後、義舜は太田城の奪回に成功したが、この時には親通も江戸氏と共に佐竹方に付いており義舜に協力していたらしい。

以後、小野崎氏は佐竹氏の重臣に列し佐竹氏の勢力拡大に貢献した。

 

コメント


手元にある資料にあまり情報が無く、ネットにも似たような内容しか載っていないためイラストのイメージ確定に苦労しました。誤りがあるかもしれませんが、ここでは政治も軍事もまんべんなくこなせる、独立精神旺盛な曲者といったイメージで固めました。