茶々

尾張国, 山城国, 越前国, 近江国

概説


近江国の生まれ。父は浅井長政

伯父の織田信長に浅井氏が滅ぼされると、母・市や妹たちと共に救出された。

その後は信長の叔父にあたる織田信次に預けられ、信次戦死後は岐阜城に移った。

信長が本能寺の変で横死すると、市は織田家臣である柴田勝家のもとへ再嫁したため、茶々たちも勝家の本拠地である越前北ノ庄城に移った。

勝家が同じ織田家臣の羽柴秀吉と対立し、市と共に北ノ庄城で滅ぶと茶々たち姉妹は秀吉に保護された。

秀吉の要請で側室となると、間もなく捨(豊臣鶴松)を産んだ。このことを喜んだ秀吉は茶々に淀城を与えた。

しかし、鶴松は数え3歳でこの世を去った。跡継ぎを失った秀吉は自身の甥である豊臣秀次を後継者に任命した。

わが子を失い悲しみに暮れた茶々だったが、またもや秀吉との子を懐妊、拾(豊臣秀頼)を産んだ。

秀吉は秀頼を溺愛し、すでに後継者と決めていた秀次は廃嫡された。秀次はやがて切腹するに至り、その妻子たちは処刑された。

秀吉の死後、茶々は幼い秀頼の後見役として豊臣家政の実権を握った。

茶々は徳川家康による政権運営を認めており、関ケ原の戦いが勃発した際も石田三成の動きは認めたものの、秀頼自身の出陣は認めず豊臣家としては傍観的立場を貫いた。

しかし家康は諸将に配るための恩賞を豊臣家の蔵入地から充てがったため、豊臣家の領地は大幅に減ってしまった。また、家康自身は江戸を中心に新たな武家政権を構築し始めたため、表面的には良好だった関係も次第に悪化していった。

大坂冬の陣が起きると茶々自ら武具を着て味方を鼓舞したが、諸大名の加勢を得られなかったことから徳川との講和を選んだ。

頼りにしていた家老・片桐且元との関係も意見の隔たりから徐々に悪化していき、ついには彼を追放するに至った。

大坂夏の陣では牢人衆が奮戦し徳川方を圧倒したが、連携の乱れもあり味方は次々と討取られていった。覚悟を決めた茶々はわが子・秀頼やここまで豊臣家に尽くしてきた家臣たちと共に自害して果てた。

 

コメント


若い頃から苦労を重ね、秀吉の側室となってからは鶴松の死や秀次の件などもあって相当な責任とプレッシャーを感じていたのではないかと思います。豊臣家のために尽くした茶々ですが、最後は家名というよりも家族としての誇りを以て死に向き合ったのかなと個人的には思います。