片桐 且元

大和国, 近江国

概説


近江国の生まれ。父は片桐直貞。

主君である浅井長政は尾張の織田信長に攻められ自害した。浅井氏が治めた北近江には新たに織田家臣・羽柴秀吉が入った。秀吉は人材発掘に励み、その時に仕官したのが石田三成や且元たちであった。

本能寺の変で信長が横死、仇敵・明智光秀を秀吉が撃破し、その後秀吉は同じ織田家臣である柴田勝家と対立、賤ケ岳の戦いに発展した。この戦いで且元は加藤清正や福島正則たちと共に活躍した。

秀吉と三河の徳川家康が小牧・長久手において戦った際には秀吉本陣を守った。

戦後は作事奉行や道作奉行、検地奉行など吏僚としての働きが多くなる。

醍醐の花見では三の丸殿の警護役として随従した。

小出秀政たちと共に秀吉の子・豊臣秀頼の傅役に任じられ大坂城に詰めた。

関ヶ原の戦いでは石田方に与したが、結果は徳川方の勝利に収まったため、且元は人質を徳川氏に差し出し、豊臣氏と徳川氏の調整に奔走した。このときの働きを認められ、大和国竜田に領地を与えられて茨木城主となった。

豊臣家臣として徳川家康による政治運営に協力し両家の調整役として働いた且元だったが、方広寺鐘銘事件が起きると弁明のため駿府に派遣されるも家康との会見は許されなかった。一方、後から駿府入りした大蔵卿局は家康と面会し丁重に扱われた。

大坂へ帰った且元は戦争回避のための案を出したが、これが裏目に出て秀頼の側近たちから徳川氏への内通を疑われた。窮した且元は仕事の引継ぎを済ませると大阪城を退去した。

且元の屋敷が打ち壊されたことで、豊臣氏と徳川氏の関係は終わりを迎えた。

且元は徳川氏に従属し大坂の陣にも参戦、夏の陣では大野治長から秀頼と淀殿の助命嘆願の依頼が来たため、これを徳川秀忠に通報、助命は許されず秀頼たちは自害して豊臣氏は滅んだ。

戦後間もなく且元も病のため死去した。

 

コメント


淀殿から頼られ、家康からも頼られた安定感のある武将であったことは間違いないでしょう。方広寺の鐘銘事件は且元にも責任がありますが、やはり運が悪かったのだと思います。

且元は大坂夏の陣において秀頼たちの隠れている場所を通報した悪人というレッテルを貼られる場合もあるようですが、あくまで助けないことを決定したのは徳川であり、且元は取り次ぐだけで意見を言える立場ではなかったと思います。ただ、取り次ぎ方にも色々あるはずなので、そこはやはり且元の能力が平凡だったのかなとも思います。