太原 雪斎

山城国, 駿河国

概説


駿河国の生まれ(?)。父は庵原政盛。

はじめ雪斎は九英承菊を名乗り駿河富士山麓にある善得院に入った。また、今川芳菊丸(のちの義元)の養育係を務めた。

芳菊丸を連れて京都建仁寺に入り、さらに妙心寺へと移った。この頃に太原雪斎に名を改め、芳菊丸も栴岳承芳を名乗った。

今川氏の当主だった承芳の兄・今川氏輝が死去すると、承芳とその異母兄・玄広恵探との間で家督争いが起こった。承芳は還俗して将軍・足利義晴から偏諱を賜り義元を名乗った。

雪斎や岡部親綱たちの尽力で義元は勝利を収め、恵探は自害して果てた。これ以降、義元の雪斎への信頼はさらに厚くなり政治・軍事両面で重用されるようになった。

雪斎は義元の父・今川氏親の時代から関係が悪化していた甲斐の武田氏との関係改善に努め、甲駿同盟を成立させた。しかし、これまで今川氏と同盟関係にあった北条氏が武田氏と敵対していたため、怒った北条氏が河東(駿河東部)へ攻め込みこれを占領した。この事件に対して、雪斎は関東管領・山内上杉憲政や武田晴信と共同して北条氏の軍勢を二分させ、河東を取り戻すことに成功した。

尾張の織田信秀が西三河へ侵攻すると、岡崎城主・松平広忠から今川氏に対して救援依頼が来た。義元は西三河へ介入すべく、雪斎を総大将に任じて大軍を派遣した。

織田と今川の軍勢は三河小豆坂で激突、はじめは今川方が優勢だったが、敵方の先鋒・織田信広は劣勢と判断し無理を避けて織田本隊と合流、勢いを盛り返した織田勢の猛攻撃で松平勢が崩れ今川方の敗色が色濃くなったかに見えたが、今川の伏兵が織田勢に横槍を入れて戦況は一変、織田方は敗走し今川方勝利に終わった。

三河安祥城に籠った織田信広を攻めてこれを捕らえ、松平広忠の嫡男・松平竹千代(のちの徳川家康)との人質交換を成立させた。また、今川氏は安祥城を得ることで西三河の支配権を得ることに成功した。

今川氏の兵力を三河・尾張方面に集中させるべく、雪斎は武田晴信や北条氏康 に働きかけ甲相駿三国同盟の締結を成立させた。

内政面においては今川仮名目録追加の制定に寄与し、今川領内の寺社の統制や商業政策にも関わった。また、自身が住持を務める臨済寺で中国の史書・歴代序略を出版した。

駿河長慶寺にて死去した。

 

コメント


雪斎の出自についてはよく分からないことばかりなのですが、兄弟姉妹を確認すると皆仏門に入っているように見えました。正確な情報ではないのですが、健乗という弟もいたらしく歴代序略の印刷に関わったそうです。

スーパーお坊さんな雪斎ですが、イラストでは武将的な要素は控えめにしてみました(青髭が濃いくらい)。