秋田 実季

伊勢国, 出羽国

概説


出羽国の生まれ。父は安東愛季。

父・愛季が戸沢氏との戦いの最中に病没したため、実季が家督を継いだ。

実季の家督相続に不満を持った従兄の安東通季が反乱を起こすと、追い込まれた実季は本拠である檜山城に籠り、通季の大軍を相手にわずか300挺の鉄砲を駆使して城を守り抜いた。

実季は津軽の大浦為信や由利郡の赤尾津氏と結び、戸沢氏や南部氏と手を組んだ通季を破った。

豊臣秀吉による小田原征伐が始まると、実季はこれに従い、続いて行われた奥州仕置きにて所領の一部を安堵された。そしてここで秋田郡の支配権を確固たるものとした。

本拠を土崎湊に移し、湊城を大規模改築、秋田城介を自称し秋田氏に改姓した。

豊臣氏による九戸政実の乱への対応や、朝鮮出兵にも参加した。

秀吉の死後、上杉氏と徳川氏の関係が悪化し、ついに会津征伐が始まると、実季は徳川方として参戦した。しかし、戦後に最上義光から不手際を訴えられ、徳川家康への弁明は成功したものの常陸国宍戸への領地替えとなった。

秋田城介に正式に補任された。

大坂夏の陣では徳川方として豊臣氏の先鋒と激突したが大損害を出して敗走した。

徳川の治世となった頃、未だに戦国大名の気風を溢れさせる実季を幕府が嫌い、突如として伊勢国朝熊に蟄居させられた。秋田氏の存続は認められたものの、実季は死去するまで朝熊での生活を余儀なくされた。

 

コメント


朝熊での蟄居生活中に萬金丹(漢方薬)を作ったという逸話をもとにイラストを描きました。秋田教方萬金丹と呼ばれ、現在は作られていないそうです。