足利 義晴

山城国, 近江国

概説


近江国の生まれ。父は室町幕府第11代将軍・足利義澄。

父・義澄が京を追われて近江国に逃れていた際に生まれた。義晴が生まれて直ぐに義澄は死去したため、義晴は播磨守護・赤松義村に引き取られ養育された。

義村が備前守護代・浦上村宗と戦い敗れると、義晴の身柄は村宗の元に引き渡された。

中央では管領・細川高国が将軍・足利義稙を放逐したことで代わりとなる将軍が必要になった。そこで義晴が京に招かれ、朝廷から将軍に補任された。

まだ幼少だったため、政権運営は高国や伊勢貞忠、大舘尚氏などの幕臣たちによって行われた。

細川氏の内紛により高国が細川晴元に追い詰められると、義晴は高国を伴って近江に逃れた。義晴は交渉により京へ帰還し晴元とも面会したが、状況が悪化したため近江朽木谷へと落ち延びた。

晴元側の工作で寝返る者もいたが、多くの幕臣は義晴に従い朽木へ移った。朝廷は義晴を昇進させ、地方の大名たちも義晴との関係を維持した。

高国は浦上氏と組んで晴元と交戦、戦線は膠着していた。播磨の赤松政祐が援軍に駆け付けたが、浦上氏への恨みから晴元方に寝返り高国たちの背後を攻撃、これに乗じて晴元方の三好勢も攻撃を開始、対処しきれなくなった細川・浦上連合軍は総崩れとなった。その後隠れていたところを捕縛された高国は自害させられた。

高国の死後、義晴は近江観音寺城山麓にある桑実寺に幕府を移した。

近江守護の六角定頼・義賢父子の後援で義晴は晴元と和解した。晴元が木沢長政と対立すると、最終的には晴元を支持して共に近江坂本へ逃れた。長政戦死後、京へ帰還し新御所造営に着手した。

晴元が細川氏綱と対立し戦況が暗転すると、義晴は晴元を見限り氏綱を支持した。しかし、晴元の重臣・三好長慶の弟である三好実休安宅冬康たちが四国から援軍に駆け付けると戦況は一変し氏綱は敗れた。これによって義晴は近江坂本に避難した。

義晴は六角定頼を烏帽子親として嫡男・足利義輝を元服させ将軍職を譲った。

義晴は氏綱方として瓜生山城に入ったが、晴元派の定頼が離反し細川・六角連合軍が城を攻め立てたため、義晴は城を焼いて近江坂本へ逃走した。定頼の仲介で晴元と和解した。

晴元と長慶が対立すると、敗れた晴元や義輝たちと共に近江朽木谷へと逃れた。

義晴は京都奪回のため慈照寺の裏山に中尾城を築いた。しかし重病により近江穴太にて死去した。

 

コメント


避難生活の多い人生を送った義晴ですが、将軍としての誇りと執念を持ち最期のときまで京への想いを捨てなかった姿勢は素敵だと思います。信長の野望(天翔記)の影響で、個人的には公家っぽいイメージが強いので、あえて武家の棟梁らしく甲冑姿のイラストにしてみました。