弘中 隆包

周防国, 安芸国

概説


周防国の生まれ(?)。父は弘中興勝。

中国地方の大大名・大内義隆に仕え、弘中氏の拠点である岩国の他に安芸の分郡である東西条の代官も任された。しかし、安芸国内の大内氏と尼子氏の勢力争いで、尼子方の頭崎城攻略で劣勢を強いられたことから東西条の代官を交代させられた。

主君・義隆が安芸守護に任じられると、隆包は守護代に任じられ槌山城主となった。

義隆による月山富田城攻略が失敗に終わった後は、尼子方の山名理興が籠る神辺城を毛利元就と共に攻め、数年かけて理興を追い出すことに成功した。

元就やその息子の毛利隆元、吉川元春とは親しい間柄だったらしい。

主君・義隆が重臣・陶隆房の謀反に遭い自害すると、新たな当主として擁立された義隆の養子・大内義長に仕えた。しかし義長は傀儡に過ぎず、実権は隆房が握った。

陶晴賢(隆房から改称)に反抗的な筑前の原田隆種を攻めた。また、晴賢による三本松城攻めにも従った。

大内氏・陶氏と毛利氏の関係が悪化すると、内通を疑われた大内家臣・江良房栄を晴賢の命によって誅殺した。

晴賢が安芸侵攻のため全軍を厳島に移動させようとしたため制止したが、晴賢は血気にはやり聞く耳を持たなかった。仕方なくこれに従い厳島に渡海したが、村上水軍が毛利方に付いたことで死を悟った。

予想通り晴賢率いる大内軍は罠にかかり総崩れとなった。隆包は晴賢を逃がして僅かな手勢と共に踏みとどまったが、吉川勢の攻撃を受けたため民家に火を放ち逃亡、天険の地である竜ケ馬場に籠った。

三日間孤軍奮闘したが、最後は力尽き吉川勢に討取られた。隆包と親交が深かった元就は彼の死を悼み、弘中家の縁者を手厚く保護した。

 

コメント


大内氏の重臣の家に生まれ、主家のために働いてきたものの、やむを得ず主君を見殺しにし同じ家臣だった人間の下に付く道を選んだ隆包の気持ちを考えると悲しくなります。死後の毛利氏の対応から、きっといい人だったのだろうなと思います。