毛利 隆元

備中国, 備後国, 周防国, 安芸国, 長門国

概説


安芸国の生まれ。父は毛利元就

当時従属していた周防山口の大内義隆のもとへ人質として送られ、そこで元服した。烏帽子親は義隆だった。西の京都として栄えた山口での暮らしぶりは大変優雅なものであり、大内氏の重臣や教養人たちと交流するきっかけにもなった。のちに岳父となる内藤興盛や、敵対関係になる陶隆房ともこの時期に親交を結んでいる。

義隆から毛利氏の本拠である吉田郡山城へ戻ることを許され帰還、その後、大内氏による尼子氏攻めが開始されたため父・元就と共に月山富田城へと出陣した。大内方に寝返っていたはずの国人衆が再び尼子方に鞍替えしたことで大内勢は形勢不利となり撤退を決断、毛利勢は殿軍を任された。尼子勢の追撃は厳しく、土一揆による待ち伏せもあったため毛利の軍勢は壊滅的な被害を被ったが、家臣の渡辺通が身代わりとなったことで隆元たち親子は生還することができた。

元就が隠居を表明すると隆元は家督を継承したが、実権は引き続き元就が握った。

教養豊かで温和であるが故に武将としての器量に欠ける隆元を心配した元就の要請で、毛利氏の老臣・志道広良が後見役となり、父や広良から度々訓戒された。

大内氏の重臣・内藤興盛の娘(尾崎局)を正室に迎えた。隆元は彼女を深く愛し側室を持たなかった。

毛利家中で専横を極めた井上党が元就に粛清されると、隆元直属として新たに五奉行制度が発足した。元就派と隆元派の家臣間で対立が生じ運営が難航すると、隆元は訓戒状を著した。この中の条文の多くは、後の毛利家の家訓に収録されることとなった。

大内義隆が重臣・陶隆房によって自害に追い込まれると、慎重な姿勢を崩さない元就に対して、隆元は隆房打倒を主張しついに翻意させることに成功、厳島の戦いで隆房を討取った。

隆房を失った陶氏と大内氏は急速に弱体化し、毛利氏は旧大内領を併合して大大名にのし上がった。この時、豊後の大友氏が旧大内領を狙い侵攻してきたが、弟・小早川隆景の支援で撃退に成功した。

大内氏滅亡後、隆元は勘合貿易のために使用していた割符を山口で探し出し、大陸との交易再開に向けて商業取引を進めた。

隆元は足利幕府の仲介を利用して大友氏と和議を結び、毛利氏の戦力を尼子氏討伐に集中させた。

尼子氏攻めに参加する途上、備後国人の和智誠春の饗応を受けた。しかし、その帰りに隆元は激しい腹痛を訴え急死した。元就は息子の訃報を受け尋常でないほど嘆き悲しんだと伝わる。

 

コメント


多感な時期を大内氏のもとで過ごしたことは、隆元の人格形成に大きく影響したと思われます。国人連合代表から戦国大名化にあたって隆元が発揮した優れた内政手腕も、大内氏内部の組織運営を間近で見ていたおかげかもしれません。彼の若すぎる死に、現代人であるはずの私も悲しくなりました。