六角 義賢

近江国

概説


近江国の生まれ。父は六角定頼。

父・定頼の晩年からは共同で統治を行い、定頼が死去すると家督を相続した。

京を追われていた姉婿である細川晴元と将軍・足利義輝を助け、三好長慶と対立するが、北白川の戦いで戦況の不利を悟って義輝と長慶の和睦を仲介、義輝は京に戻ることができた。

対立関係にあった北近江の浅井氏へ攻勢を強め、従属化することに成功した。しかし、自身の偏諱を与えた浅井賢政は長政と名を改めて父・浅井久政を隠居させ、六角氏に反抗、義賢は直ちに浅井方に寝返った肥田城を攻めた。長政の援軍が迫ると、義賢は野良田にて迎撃した。兵数で勝る六角勢は浅井勢を押したが、油断した隙を突かれて反撃に遭い六角勢は大敗を喫した。

細川晴元が三好氏に幽閉されると、畠山高政と共に義賢は京へ進軍、一時的に三好氏を京から追いやり、山城国を掌握した。しかし、その後は兵を動かそうとせず、畠山勢が教興寺の戦いで壊滅すると三好氏と和睦して山城から撤退した。

嫡男でありすでに家督を相続していた六角義治が、重臣で人望厚い後藤賢豊を粛清すると、義賢と義治は居城である観音寺城から追放されてしまった。重臣・蒲生氏の仲介で復帰することができたが、勢力の衰退は目に見えていた。

将軍・義輝が三好三人衆に殺害されると、その弟・覚慶(のちの足利義昭)を匿うが、三好三人衆の説得で義昭を攻める方針へ考えを切り換えた。

尾張の織田信長が義昭を奉じて上洛を開始すると、義賢は従軍要請を拒否して織田氏に敵対した。しかし、織田氏の迅速な攻略で支城が落ちると、戦意を喪失した義賢父子は甲賀へ逃れた。

南近江の織田勢を圧迫し、積極的なゲリラ戦を展開したが、浅井・朝倉氏が滅ぼされ、畿内や伊賀も制圧されたため戦いの場を失っていった。キリシタンの洗礼を受けた。

宿敵・信長が死ぬと、その後に天下を治めた豊臣秀吉の御伽衆となり、余生を過ごした。

 

コメント


経歴を調べてみると、軍事的才能は平凡なのかなと思いますが、政治家としてはなかなかの腕前のように感じました。ただ、目先の損得に振り回されているようにも思えます。身分と器の大きさにギャップがあったのかもしれませんね。