里見 義堯

上総国, 下総国, 安房国

概説


安房国の生まれ(?)。父は里見実尭。

里見家中での内紛により、父・実尭が本家当主・里見義豊に殺害された。義尭は北条氏綱の支援を得て義豊を殺害し、里見氏の家督を奪った。

上総武田氏の真里谷信清が死去して家督争いが起きると、義尭はこれに介入して信清の嫡男・真里谷信応を支援した。しかし、氏綱は信清の庶長子である真里谷信隆を支援したため里見氏と北条氏は敵対関係となった。

義尭は小弓公方・足利義明と手を組んで北条氏に対抗したが、第一次国府台合戦で、北条勢が江戸川を渡河中にこれを攻撃し殲滅すべきという義尭の主張が退けられたため、義尭は義明と別行動を取り、その結果、総大将である義明は戦死し、里見勢は無傷で戦場を離脱した。

義尭は空白化した上総国南部に進出して久留里城に入り改修、ここを本拠に定めた。

北条氏康によって里見氏傘下の国人衆が相次いで離反すると、義尭はこれを鎮圧して所領を奪還しつつ、越後の上杉氏や関東諸勢力と連携して北条氏に対抗した。

北条氏の水軍が攻め寄せると、義尭はこれを迎え撃ち、暴風雨も味方して戦いに勝利した。また、氏康が久留里城に攻め寄せた際には籠城して徹底抗戦し、上杉氏の援軍を得て勝利した。

第二次国府台合戦では序盤に北条方の遠山綱景と富永直勝を討取ったものの、油断したところを氏康と北条綱成に挟撃されたため安房へ敗走した。安房で勢力を回復させると、上総南部へ侵攻して久留里城などの失地を徐々に取り戻していった。

三船山合戦で里見氏は勝利し、北条氏の軍勢は上総から全軍撤退したことで、義尭は上総支配を優位に展開し、下総へも進出した。

北条氏への徹底抗戦を貫いたまま、久留里城にて死去した。

 

コメント


イラストは海と日焼けをテーマに描きました。知略と水軍を駆使して北条と渡り合った姿がかっこいいですし、意地と野心が丸見えな人生に人間味を感じさせられます。