林 秀貞

安芸国, 尾張国

概説


尾張国の生まれ(?)。父は林通安。

織田信秀に仕え、その嫡男である織田信長が那古野城を与えられると一長(いちおとな、一番家老)に任命された。

信秀が死去すると、信長の奇行に悩まされていた秀貞は、信長の弟・信勝を擁立しようと画策するようになった。そして、柴田勝家や弟・林通具と共に信勝を担ぎ上げ稲生の戦いが勃発したが、信長方の奮戦により数で勝った信勝方は敗れた。秀貞は参戦していなかったが、通具は参戦して信長に討取られた。

秀貞は戦いの場に出ることが極めて少なかったが、政治的には織田家内で重きをなしており、信長が足利義昭を奉じて上洛した際には、織田・足利の重臣たちが交わした起請文の中に一番で署名している。

また、権大納言・山科言継が信長への拝謁を求める際には必ず秀貞を通したとされる。

安土城が完成すると、秀貞と村井貞勝だけが天守の見物を許された。

信長が嫡男・織田信忠に家督を譲ると、秀貞は信忠付となった。

織田家の重鎮として長年政治に携わった秀貞だったが、突如信長に追放された。老齢の身に応えたのか、程なくしてこの世を去った。

 

コメント


格別理由は無いのですが、個人的に好きな武将の一人です。きっと主家に対する忠誠心から、過去、信長に刃向かってしまったのだろうと思っています。イラストでは若干斜視にしてあります。「斜視=頭いい」という根拠のないイメージによるものです。