真田 昌幸

上野国, 信濃国, 甲斐国, 紀伊国

概説


信濃国の生まれ(?)。父は真田幸綱。

幸綱の三男として生まれ、幼少の頃に甲斐武田氏へ人質に出された。武田晴信(信玄)の奥近習として仕え、武藤氏の養子に入った。

信玄が死去すると武田氏を継いだ武田勝頼に仕えた。

養父が死去すると武藤氏の家督を継いだが、父・幸綱死後に真田氏の家督を継いでいた長兄・真田信綱が長篠の戦いで戦死し、次兄・真田昌輝も同じくこの戦いで戦死してしまったため、戦後、昌幸は武藤氏を出て真田氏の家督を継いだ。

武田氏が越後の上杉氏と同盟を結ぶと、昌幸は勝頼の命令で北条氏の治める上野沼田領へと侵攻、調略を以て敵勢を切り崩し名胡桃城と小川城を手に入れた。この二城を拠点に沼田城を攻め、一度は撤退したものの再度侵攻し、調略を駆使しして開城させることに成功した。

織田氏と徳川氏による甲州征伐で武田氏が滅亡すると、関東諸勢力との取次役として厩橋城に入った織田氏重臣・滝川一益の与力に組み込まれた。

しかし、本能寺の変で織田信長が横死すると、徳川・上杉・北条などの勢力が甲斐・信濃を巡り争奪戦を始めた。昌幸もどさくさに紛れて信濃小県郡や佐久郡の旧武田家臣たちを取り込んだ。

一益が北条氏直との戦いに敗れると、昌幸は一益を諏訪まで送り届け、無主状態となった上野へ侵攻、沼田城を奪回した。

昌幸ははじめ上杉氏に降ったが、その後すぐに北条氏に降った。しかし、上杉氏と北条氏が川中島での決戦を避けて互いに兵を退くと、昌幸は突如徳川氏に寝返った。

徳川家康の命で上田城を築城し城下町の建設にも励んだ。

徳川氏は北条氏と和議を結ぶため沼田領の割譲を条件に出したが、昌幸はこれに反発して上杉氏に臣従した。上田城には徳川の兵が、沼田城には北条の兵が攻め寄せたが、どちらも真田勢が勝利し、上田城での戦いにおいては大勝を収めた。

上杉氏へ人質として出ていた次男・真田信繁が豊臣氏の人質になったことで、昌幸は豊臣氏に臣従することとなった。家康が真田攻めの準備を始めると、豊臣秀吉はこれを調停して昌幸は家康の与力大名となった。

真田氏の名胡桃城が北条氏に攻撃されると、惣無事令違反として小田原征伐のきっかけとなった。小田原征伐では上杉景勝や前田利家たちと共に北条方の城を落としたが、忍城の戦いでは甲斐姫たちに撃退された。

秀吉から伏見城普請の命を受け指揮を執った。

秀吉の死後、家康が上杉攻めに向かった隙に石田三成が挙兵すると、昌幸と信繁は石田方に与し、長男・真田信幸は徳川方に与した。

徳川秀忠率いる大軍が中山道を通り上田城へ攻め寄せると、信幸が帰順勧告の使者として遣わされてきた。昌幸は帰順するふりをして時間稼ぎをし、土壇場で交渉を決裂させて秀忠を挑発した。信幸は戸石城へ攻め寄せたが、昌幸は兵を撤退させ信幸に功を挙げさせた。

真田勢は上田城に籠り徹底抗戦の構えを取った。徳川勢は上田城に攻めかかったが、思ったよりも頑強だったため一旦兵を退いた。そして秀忠のもとに家康から上洛の命が下ったことで、徳川勢は城攻めを諦め先を急いだ。

本戦では徳川勢が勝利したため昌幸は降伏、討死覚悟で籠城しようとするが信幸の舅である本多忠勝が助命嘆願を行ったことで助命され高野山に追放となった。

高野山での生活に困窮する中、病にかかり波乱の人生に幕を閉じた。

 

コメント


大河ドラマ「真田丸」の草刈正雄さん演じる昌幸が大変印象深いです。イラストは風の吹く方向(勢いのある方向)を向いて飛び乗ろうとする昌幸の姿をイメージして描きました。