一条 房家

土佐国

概説


土佐国の生まれ。父は関白・一条教房。

房家は教房の次男として生まれた。すでに長兄・一条政房は応仁の乱に巻き込まれて死去しており、家督は叔父・一条冬良が継いでいた。

房家は土佐一条氏の初代当主として、本拠地・中村を中心に街づくりを推し進め、小京都・中村を生み出した。

嫡男・房冬の正室に皇族の娘を迎え、側室には大内義興の娘を迎えた。また、自身の娘を伊予の西園寺氏に嫁がせた。こうして公武の有力勢力と婚姻関係を結ぶことで土佐一条氏の安定を図った。

土佐守護を務めていた管領細川氏の影響が無くなると、房家は土佐国人たちをまとめ上げ盟主として土佐一条氏の最盛期を築き上げた。

土佐国人の本山氏によって長宗我部氏が没落すると、その遺児である長宗我部国親を保護して養育、長宗我部氏の本拠・岡豊城への復帰を助け、再興に尽力した。

しかし房家が亡くなった後、勢力を増していった長宗我部氏によって土佐一条氏は滅ぼされることとなった。

 

コメント


土佐国司として精力的に活動した房家の治績は小京都として今も残っています。したたかな面を持ちながらも、人間的に優れた人物だったのではないかなと思います。