本山 茂宗

土佐国

概説


土佐国の生まれ。父は本山養明。

本山氏は土佐国内で最大の支配領域を有していたが、本拠地の本山郷は山深い位置にあり経済も活発ではなかった。茂宗は土佐の政情が不安定な時期を狙って土佐中央の平野部に侵攻し支配を固め、経済基盤を獲得することに成功した。

茂宗は嫡男・本山茂辰に本城・本山城を譲って自身は朝倉城を築城しそこを拠点とした。機を見て土佐吉良氏を滅亡させた。

土佐国司である一条氏が伊予の戦国大名・西園寺氏と争いを始めると、その隙に茂宗は一条氏に敵対して諸城を攻略、勢力を一気に拡大して本山氏の最盛期を築き上げた。

茂宗の死後、本山氏は長宗我部氏との抗争で徐々に勢力を削られてゆき、最終的には降伏することとなる。

 

コメント


茂宗が亡くなると長宗我部国親は本山氏に反旗を翻しました。それだけ茂宗には実力があり逆らえない人物だったのだと思います。もう少し長生きしていれば土佐の歴史はまた違ったものになっていたかもしれませんね。