森 長可

信濃国, 尾張国, 美濃国

概説


美濃国の生まれ。父は森可成。

長兄・森可隆や父・可成が戦死したため家督と森氏の本拠地・金山を受け継ぎ、織田信長に仕えた。

第二次長島一向一揆攻めにおいて織田信忠に従い初陣、家臣の活躍もあり働きを称賛された。第三次長島一向一揆攻めでも活躍し武名を上げた。以後、信忠の与力として戦いに参加し活躍した。

甲州征伐では木曽口から武田領へと侵攻した。武田信玄の子・仁科盛信が籠る高遠城を攻めた際には鉄砲を効果的に使って着実に兵を進め、本丸での戦いでは手を怪我しながらも自ら槍を振るって奮戦した。

武田氏滅亡後は信濃川中島に領地を与えられ海津城に入った。

旧武田家臣が上杉氏と結んで一揆を起こし稲葉貞通が守る飯山城を包囲すると、長可は一揆勢を撫で斬りにして瞬く間に鎮圧した。この一件後、長可は精力的に統治改革を進め領内政情の安定化に努めた。

柴田勝家が上杉氏の魚津城を攻めるとこれに連動して長可も越後へと侵攻した。上杉氏の本拠・春日山城に接近すると、魚津城の救援に向かっていた上杉軍は急遽引き返すこととなり魚津城は陥落した。

しかし本能寺の変で信長と信忠が横死すると、敵地深くまで兵を進めていた長可は信濃国衆の裏切りに遭ってしまった。唯一味方した出浦昌相の助けもあり信濃国から脱出することに成功した。

脱出後は旧領の金山に戻り、羽柴秀吉の力を背景に衰退していた森氏の勢力を挽回した。

秀吉と信長の子・織田信雄が対立すると、岳父・池田恒興と共に秀吉に与した。長可は戦略上重要な拠点である小牧山を占拠すべく兵を進めたが、この動きを察知した敵方の徳川勢に羽黒で奇襲をかけられた。森勢は戦形の維持に努めたものの、隙を突かれて敗走、撤退中に大勢の犠牲者を出した。

戦況は膠着状態となっていたが、恒興と長可の強い提案で羽柴秀次を総大将とする尾張中入り部隊が編制されることとなり、長可はその第二陣の総大将となった。

岡崎城を落とすべく兵を進め、丹羽氏重を討取るなど戦果を挙げたが、徳川勢が総大将・秀次を敗走させ第二陣と第三陣の間に兵を割り入れてきた。敵地に取り残された長可と恒興は決戦を決意、長可は左翼を担って一進一退の攻防を繰り広げたが、敵方の銃弾に眉間を貫かれ討死した。

 

コメント


鬼武蔵の異名を持つ長可ですが、身体は華奢だったようで甲冑のサイズはかなりミニマムです。イラストは小牧・長久手の戦いでの不退転の決意を表した白装束姿にしました。ただ、兜はその時のものではないです。珍しい形をしていたので想像も踏まえて描きました。