直江 兼続

出羽国, 越後国

概説


越後国の生まれ。父は樋口兼豊。

上杉景勝に近侍し、上杉氏の家督争いである御館の乱が終結すると、その戦後処理のため景勝の側近として活動した。

景勝の側近・直江信綱が毛利秀広に殺害されると、景勝の命により跡取りのいない直江家に婿養子として入った。

本能寺の変で織田信長が横死すると、景勝は北信濃の国人衆や武田遺臣を庇護して旧武田領を接収、兼続は取次役を務めた。

共に執政を務めていた狩野秀治が倒れると、兼続は内政外交両面での取次を務めるようになった。

新発田重家の乱では上杉氏は苦戦を強いられたが、兼続は着々と新発田側の城を攻め落とし乱を収束に導いた。

上杉氏が佐渡を平定すると兼続はこれの支配を命じられた。

小田原征伐では景勝に従って、前田利家真田昌幸率いる軍勢と共に関東諸城を攻略した。

文禄・慶長の役では景勝と共に渡海し熊川倭城を築城した。

豊臣秀吉の命令で上杉氏が会津へ加増移封となると兼続は出羽米沢を与えられた。越後を出るとき、引継ぎのため年貢を半分置いていかなければならなかったが、兼続は無断で会津へ持ち出した。

越後入りした堀秀治が年貢の返還を要請してきたが上杉氏はこれを拒否した。秀治は秀吉亡き後権勢を振るっていた徳川家康に上杉氏に謀反の疑いありと讒訴したため家康は上杉氏を詰問した。この時の返書で兼続は家康を怒らせてしまった。

上杉氏は上洛を計画したが最終的に景勝が拒否したため、上杉氏謀反として会津征伐が行われることとなった。しかし、家康進軍中に上方で石田三成が挙兵したことで会津征伐は中止された。これにより上杉攻めのために最上領へ集結していた諸将は自国へ引き上げ、最上義光は窮地に陥った。

最上側から和議が持ち掛けられたが、裏で上杉氏を挟み撃ちにする計画だったことが露見したため兼続は上杉軍を率いて最上領へ侵攻した。

兼続は大軍で小勢の長谷堂城を力攻めしたが、城方の奮戦目覚ましくこれを落とすことができなかった。関ケ原の戦いで三成が敗れると兼続は撤退を決断、最上勢による激しい追撃を防ぎながらなんとか逃げ切った。

上杉氏は降伏路線を採り景勝と兼続は上洛して家康に謝罪した。結果、上杉氏は米沢へ大減封となったが存続は許された。

兼続は徳川氏の重臣・本多正信の次男・本多政重を婿養子に迎えることで徳川氏との融和を図り成果を収めた。

江戸鱗屋敷にて死去した。

 

コメント


武名だけでなく数々の治績も残した兼続ですが、関ヶ原合戦の件で死後は評判が悪かったそうです。常山紀談に兼続の性格を表す逸話が残されていますが、なかなかのひねくれようで、家康を怒らせたことも考慮すると、意外と間違っていないのかもと思えてきます。