九鬼 嘉隆

志摩国

概説


志摩国の生まれ。父は志摩の地頭・九鬼定隆。

父・定隆が死去すると長兄の九鬼浄隆が家督を相続した。

嘉隆は九鬼氏の勢力拡大に反発した志摩の地頭たちに敗れると朝熊山へ逃亡し、その後、滝川一益の仲介で尾張の織田信長に仕えることとなった。

信長が北畠氏を攻めると、嘉隆は水軍を率いて敵方の支城・大淀城を攻略した。

伊勢長島の一向一揆鎮圧では海上から射撃を行い織田勢の援護を行った。

石山本願寺戦では物資を運び込もうとする毛利水軍と、それを阻止しようとする嘉隆率いる織田水軍が木津川口で迎え撃ったものの、織田水軍は壊滅的被害を受け大敗した。

嘉隆は信長から燃えない船を作るよう命じられると鉄甲船を発案、莫大な費用が必要であったが信長からの協力を得られたことで完成に辿り着いた。そして木津川口で再び毛利水軍を迎え撃ち大勝した。

信長が本能寺で倒れた後はその子・織田信雄に仕えた。しかし、信雄・徳川家康羽柴秀吉による小牧・長久手の戦いが始まると滝川一益から誘いを受けて羽柴方に寝返った。

蒲生氏郷の与力となったが、秀吉からも水軍の頭領として重用され九州征伐や小田原征伐に参加した。

文禄の役では秀吉の命により加藤嘉明・脇坂安治と共に水軍を率いて朝鮮水軍と戦うことが決まっていたが、安治が抜け駆けした上に敗北したことで嘉隆たちも被害を受け撤退を余儀なくされた。結果を受けた秀吉は水陸併進による沿岸防備戦に方針転換し朝鮮水軍の活動頻度を激減させることに成功した。

家督を次男の九鬼守隆に譲って隠居した。

関ケ原の戦いでは嘉隆は西軍に付き、守隆は東軍に付いた。嘉隆は鳥羽城を奪取して伊勢湾の海上封鎖を行い、安濃津城攻めに貢献したが、西軍本隊の壊滅を知り鳥羽城を放棄して答志島へ逃亡した。戦後、守隆は嘉隆の助命嘆願に成功し急使を送ったが、嘉隆は九鬼家の行末を案じた家臣の言葉を容れて自害した後だった。

 

コメント


九鬼嘉隆といえば水軍の大将というイメージが強く、まさにその通りなのですが、イラストはあまり水軍らしくしていません。着ている甲冑は嘉隆所用と伝わるもので、珍しいかなと思い描きました。