大内 義隆

周防国, 安芸国, 石見国, 筑前国, 豊前国, 長門国

概説


周防国の生まれ。父は大内義興。

父・義興の安芸国出陣に従い、重臣・陶興房とともに安芸武田氏の籠る佐東銀山城を攻めた。しかしこの時は敵方の援軍として来た毛利元就に敗れた。

義興が死去すると家督を相続し大内氏当主となった。

義興の代に細川氏との間で対立が起き中国との外交問題にまで発展した事件があった。事件後、明との貿易は停止していたが、義隆はこれを復活させることに成功し貿易の権益を大内氏が独占した。

義隆は北九州の覇権獲得に意欲を示し、家臣の杉興運を大将として派遣するが、少弐氏の家臣・龍造寺家兼の機略で敗北した。義隆は興房を派遣し、興房は苦戦を強いられるも義隆からの援軍で大攻勢に転じ少弐氏や大友氏を圧倒、大内氏優位の状況を作った。

義隆は家兼を調略した上で少弐氏を攻め滅ぼした。

将軍・足利義晴から幕政に加わるよう要請されたが、尼子氏の妨害により上洛できなかった。

大内氏に従属していた毛利氏が尼子氏に攻められると、義隆は援軍として興房の子・陶隆房を派遣し尼子軍を撃破、尼子派勢力を一掃し安芸国を支配下に収めた。

尼子経久が死去すると義隆自ら出雲へ遠征し敵方の本拠・月山富田城を攻囲したが、配下の国人衆の寝返りに遭い大敗を喫した。

龍造寺胤信(隆信)と同盟を結び自身の名から「隆」を与えた。

義隆は文治派で行政能力に長けた相良武任を重用したため、武断派の隆房たちとの関係が悪化し、隆房は遂に謀反の兵を挙げた。

隆房謀反時、義隆は使者の接待のため酒宴を開いていた。隆房の侵攻を知ると法泉寺へ移るが兵が集まらなかったため、石見の吉見正頼を頼ろうと逃亡を図った。しかし暴風雨で船が出せず逃走を断念、引き返して長門の大寧寺に籠ると、付き従っていた重臣・冷泉隆豊の介錯で自害して果てた。

 

コメント


義隆は尼子氏に大敗してから軍事への関心がなくなったと言われることがありますが、実は逆で政治によって内側から強くしようと試みたのではないかと私は思います。武断派との軋轢さえなければ大内氏がもっと勢力を伸ばしていたかもしれませんね。