鈴木 重秀

紀伊国

概説


紀伊国の生まれ(?)。

雑賀衆の頭目の一人として石山本願寺に協力し、織田信長と戦った。石山本願寺の坊官・下間頼廉と並んで「大坂之左右之大将」と称された。

天王寺の戦いでは信長と直接対峙し、戦後に重秀の偽首が京で晒された。

信長の率いる大軍が紀州征伐にやってくると、重秀はこれを迎え撃った。織田軍は雑賀川の渡河を試みるも、あらかじめ逆茂木や槍先などが仕掛けられていたため進行が鈍り、なんとか渡河しても鉄砲や弓による斉射を受けたことから、多大な損害を出し退却した。

その後、膠着状態が続いたが重秀たち雑賀衆の代表者が連署で誓書を提出し信長に降伏した。しかし、すぐに雑賀衆は反旗を翻して石山本願寺に協力した。

石山本願寺が信長に降伏すると、重秀は信長に接近、重秀が同じ雑賀衆の土橋守重を殺害すると信長の支援を受けて守重一派を攻撃し勝利した。

本能寺の変で信長が殺害されたことを知ると、重秀は和泉国の岸和田城へと逃走した。この直後に守重一派の逆襲が始まっており重秀は間一髪で難を逃れた。

信長の事業を羽柴秀吉が継ぐと、信長の子・織田信雄は三河の徳川家康に接近し挙兵、秀吉との間で小牧・長久手の戦いが起きる。雑賀衆や根来衆などの紀州勢の多くは織田・徳川方に与したが、重秀は羽柴方として参戦した。

秀吉による紀州征伐では太田城への降伏勧告の使者を務めた。

戦後、秀吉に人質を差し出して大坂で過ごした。

 

コメント


軍事に長け権力者たちから目をかけられた重秀ですが、時代が進むにつれて仲間たちと離れ孤立していったように思えます。ひょっとしたら信長との戦いで疲れ果て早めに隠居したのかもしれないですね(?)。