立花 道雪

筑前国, 筑後国, 豊後国

概説


豊後国の生まれ。父は大友家一族の戸次親家。

病床の父・親家に代わり大内氏の豊前馬ヶ岳城を攻めてこれに勝利し自身の初陣を飾った。凱旋後、親家の死去に伴い家督を相続した。

肥後国人の反乱や、秋月文種の謀反を鎮圧し武功を挙げた。

二階崩れの変で主君・大友義鑑が死去すると、その子・義鎮(のちの宗麟)を支持して家督継承に尽力した。

文種が毛利氏に通じて再び謀反を起こすと、これを攻めて自害させた。

義鎮の異母弟・大内義長が毛利氏に討取られると道雪は旧大内領の確保に努め、毛利氏と戦いを繰り広げた。こうした功績が認められ筑後国方分(かたわけ:征服地の支配を任される制度)守護代に任じられた。

文種の子・秋月種実が御家再興の兵を挙げると、大友氏重臣・高橋鑑種が呼応し、筑後国人の筑紫広門も反旗を翻す事態となった。はじめ大友方が有利に戦いを進めたが、種実の頑強な抵抗に遭い苦戦を強いられた。毛利氏の調略も進み諸城が反旗を翻す中、道雪は重要拠点である立花山城を攻め落とすことで戦況を好転させ、激戦の末に筑前の反対勢力を一掃することに成功した。

筑前が一段落すると大友氏は龍造寺隆信の討伐を決定し道雪もこれに従った。隆信は毛利氏に援軍を要請したため吉川・小早川の軍勢が筑前に来襲した。

大友軍は多々良川で毛利軍と戦いを繰り広げたが双方とも決戦を避けたため膠着状態が続いた。道雪はこの状況を打開するため、自ら陣頭に立って小早川勢が守る多々良川の川上を攻めた。苦戦を強いられたものの道雪の奮戦で小早川勢は駆逐され毛利軍の戦線は一部崩れた。しかし味方の損害も大きかったため戦況は再び膠着状態に戻った。

両軍の対陣が続く中、大友家重臣の吉岡長増は周防の前国主・大内氏の一族である大内輝弘を周防に送り込むことで後方を脅かし毛利軍を撤退に追い込む策を提案した。主君・宗麟はこの作戦を採用し実行に移した。輝弘だけでなく尼子残党の反乱などもあったため毛利軍は撤退に追い込まれた。

大友氏は龍造寺氏の討伐戦を再開し道雪もこれに従軍した。

道雪はこれまでの功績により筑前国守護代に任じられると共に立花家の名跡を継ぎ、筑前の軍権を委ねられた。一時的に家督を娘の誾千代に譲り、その後、婿養子となった高橋紹運の子・高橋統虎に家督を譲っている。

宗麟が島津氏討伐を考え始めると道雪はこれに反対した。しかし宗麟は討伐を強行し日向へと出陣、島津軍に大敗して単身逃げ戻ってきた。

龍造寺隆信が島津氏に討取られると大友氏への圧迫はさらに増したが、道雪や紹運は筑後へと反攻し諸城を攻め落とした。

肥前・筑前・筑後・豊前の諸勢力が連合軍を率いて道雪たちに襲い掛かったが、兵力で劣る大友軍は幾度にも渡る激戦を見事に戦い抜きこれを打ち破った。

しかし長年の無理が祟ったのか柳川城攻めの最中に病を患い、紹運たちに看取られながら死去した。

 

コメント


斜陽の大友氏に忠節を尽くした道雪の姿勢は誠に天晴れというべきでしょう。現代の組織の中にも道雪タイプの人は必ずいるものですが、上からは煙たがられ、下からは恐れられる辛い立場でもあります。厳しいながらも双方から信頼された道雪はやはり凄い人物だったのだろうと思います。