山中 幸盛

出雲国

概説


出雲国の生まれ(?)。父は山中満幸。

尼子氏の家老の家柄であったが、父・満幸が早世したため貧しい生活を送りながら母に育てられた。

主君・尼子義久に従って伯耆尾高城を攻めた際には、当時豪傑で鳴り響いていた敵将・菊池音八を討取る功積を挙げた。

次男だったため一時的に亀井氏の養子に入るが、後に戻って病弱な兄・幸高に替わって家督を相続した。

要衝である白鹿城が毛利氏に攻められると、その救援軍に加わった。しかし救援は失敗したため幸盛は殿軍を率いて退却した。

尼子氏はじりじりと追い詰められ、ついには本拠地・月山富田城が残るのみとなってしまった。

三度に及ぶ総攻撃を耐え抜いたが、兵糧が欠乏し逃亡者も相次いだため主君・義久は降伏を決断、戦国大名・尼子氏は滅亡した。

幸盛は牢人となり諸国を巡った後、京に上った。そこで尼子誠久の遺児で僧となっていた尼子勝久を還俗させることに成功、尼子氏再興の機会を窺った。

毛利氏が北九州へ出兵すると、幸盛たちは山名氏の支援で出雲国へ侵攻、たちまち勢力を伸ばし出雲国一円を支配するまでになった。しかし、毛利氏が北九州から撤退してきたことで状況は一変、緒戦で敗れ主君・勝久は隠岐国へ逃亡し幸盛は捕らえられた。このとき助命され領地まで約束されたがこれを拒絶し脱出した。

因幡国で再起を図るも劣勢が続き失敗に終わった。

幸盛は京へ上り織田信長と面会した。その後、織田氏の部将・明智光秀の下に組み込まれ丹波攻めで活躍した。

松永久秀の籠る信貴山城を攻めた際には二番乗りの功績を挙げた。

信長の命で羽柴秀吉が播磨攻めに向かうことになると、幸盛は秀吉の下に組み込まれた。そして上月城を攻略するとこれを任され主君・勝久と共に入城した。

しかし、三木城の別所長治が謀反を起こすと、これを好機とみた毛利氏によって上月城を包囲されてしまった。秀吉は救援に駆け付けたが三木城攻めを優先して撤退、孤立した上月城は降伏し主君・勝久は切腹した。

捕らえられた幸盛は毛利輝元の下へと連行される途中、合の渡で謀殺された。

 

コメント


幸盛の最大の強みはきっとバイタリティだったのだと思います。「七難八苦」という言葉が薄っぺらく感じるほど壮絶な人生です。