北条 氏康

上総国, 上野国, 下総国, 伊豆国, 武蔵国, 相模国

概説


相模国の生まれ(?)。父は伊豆・相模国主の北条氏綱。

扇谷上杉朝興との小沢原の戦いで初陣を飾った。この戦いでは氏康自ら敵陣に奇襲をかけたと伝わる。

足利義明・里見連合軍との戦いでは、父・氏綱と共に出陣し、敵の総大将・足利義明を討取った。

父・氏綱の死去に伴い家督を相続した。

駿河の今川義元が挙兵し河東へ攻勢をかけると、氏康は駿河へ急行した。しかし、山内・扇谷両上杉氏の大軍が義弟・北条綱成の守る河越城を包囲したとの報せを受け、氏康は義元に河東を譲ることで和睦し、急ぎ関東へ引き返した。氏康は籠城中の綱成と連携して敵陣へ夜襲を仕掛け、扇谷上杉朝定を討取る大戦果を挙げて勝利した。

関東管領・山内上杉憲政を武蔵国から追いやり、上野国の一部も支配下に収めた。また、下総や下野への進出も図り諸国への影響を増していった。

勢力拡大を目指す氏康は、今川氏との緊張関係を解消するため、武田・北条・今川の三者間で同盟を締結し、後方の守りを固めることに成功した。

氏康は嫡男・北条氏政に家督を譲ると隠居した。ただし、小田原城本丸には留まり、氏政を後見するかたちで政治に関与した。

越後国の長尾景虎が関東管領の補佐を名目に、関東諸将に号令をかけ北条氏討伐の兵を挙げた。北条方の城は次々と降伏しついには本拠である小田原城を大軍で包囲されるに至った。しかし城の守りは固く、飢饉中の戦いでもあったため長期滞陣が維持できず包囲は解かれた。

上総侵攻では精強な里見軍に苦戦を強いられたがこれに勝利し、里見氏を安房国へと追いやった。

北条氏が関東での勢いを盛り返すと、氏康は氏政への権力移譲を進めた。

武田氏が駿河侵攻を始めると、氏康は今川氏支援を決めた。また、上杉謙信(もと長尾景虎)と同盟を結び武田氏を牽制した。

武田氏は武蔵国へ侵攻した後、南下し小田原城を包囲した。包囲は数日で解かれ、武田軍は撤退を開始した。氏康はこの機会を逃すまいと、三増峠で武田軍を挟撃するよう氏政に促した。氏政は直ちに出陣したが、武田軍の迅速な撤退に追いつけず、三増峠で待ち構えていた味方部隊の攻撃も打撃こそ与えたものの武田軍殲滅までには至らなかった。

中風のため小田原城にて死去した。

 

コメント


イラストは氏康の穏やかさと剛毅さを表現しました。戦いに明け暮れる中で様々な政治改革を行い、職人や文化人を集めて大都市・小田原を築き上げた氏康を心の底から尊敬します。