長野 業正

上野国

概説


上野国の生まれ。父は長野憲業(?)。

上野西部の豪族だった長野氏は関東管領・山内上杉氏に属し、周辺の諸豪族を取りまとめていたため箕輪衆と呼ばれた。

上野守護代の白井長尾氏の内紛で長尾景誠が殺害されると、業正はこれに介入して白井長尾氏の実権を握り自身の立場を向上させた。

山内・扇谷の両上杉氏と古河公方・足利晴氏が関東諸将を糾合して北条氏の河越城を攻めた際にはこれに参戦した。しかし、北条方の奇襲で味方は大混乱に陥り敗走、子・吉業はこの時の傷がもとで死去した。

山内上杉氏の当主・上杉憲政が北条氏の攻撃により武蔵国を失うと、業正たち箕輪衆は山内上杉氏から離反した。

軍記物によれば、武田氏による西上野侵攻が始まると上野の国人衆を糾合してこれを迎え撃った。野戦では勝てなかったものの、奇襲を用いて武田勢の度重なる侵攻を退け、上野での支配力を維持した。

関東管領職を受け継いだ長尾景虎が関東へ侵攻すると、いち早くこれに従い北条氏と戦った。

武田氏の侵攻にさらされる中、病死した。

 

コメント


研究が進んだこともあり人物像が少しずつ変わってきている業正ですが、箕輪長野氏が歴史の表舞台に出てこれたのは業正の功績であることは間違いないはずです。イラストは箕輪衆を率いる業正の凛々しい姿をイメージして描きました。