柴田 勝家

尾張国, 越前国, 近江国

概説


尾張国の生まれ。父は柴田勝義(?)。

織田信秀に仕え、信秀の死後はその子・織田信勝に仕えた。

織田信友との戦いでは敵方の家老・坂井甚助を討取る功積を挙げ、その後の萱津の戦いでも活躍した。

信勝がその兄・織田信長と家督争いを起こすと、信長に敵対するが敗れ信勝と共に降伏した。信勝が謀反を企むとこれを見限り信長に密告、信勝は殺害された。

以降は信長に仕え、上洛作戦において重用された。上洛後は京の軍政を担当した。

信長から長光寺城を任され琵琶湖南岸の防衛に従事した。

信長が三好三人衆と対峙している最中、浅井・朝倉の大軍が京へ押し寄せると、勝家は信長に対して兵を京へ向けるよう進言、志賀の陣となった。

長島一向一揆では殿軍を任されるも猛追に遭い負傷、旗指物まで奪われた。比叡山焼打ちに参加した。

将軍・足利義昭が槙島城に、義昭の側近・三淵藤英が二条城に立て籠もると、勝家は藤英を説得し開城させた。その後、槙島城攻めにも参加し義昭は降伏した。

長島攻めの最終戦にも参加した。

勝家は越前国を与えられ北ノ庄城を本拠地とし、北陸方面の攻略に従事した。越後国の上杉謙信が死去すると攻略を活発化し、加賀国を平定して能登・越中への進出を果たした。

本能寺の変で信長が横死すると、勝家は謀反人・明智光秀を討つため準備するが、変を知った上杉氏の妨害でなかなか動けず、その間に秀吉が光秀を討った。

勝家は秀吉と対立するが、賤ケ岳の戦いで先鋒の佐久間盛政隊が撃破されると、成す術を失った勝家本隊は敗走、北ノ庄城へと逃れた。城を包囲された勝家は正室・お市の方と共に自害して果てた。

 

コメント


勇猛果敢なイメージの強い勝家ですが、調べてみると吏僚的な側面も強く槍働き一辺倒というわけではなさそうです。北ノ庄の町は安土を超えるほどの規模だったそうで、政治家としても優秀だったことは間違いなしです。