前田 利家

加賀国, 尾張国, 越中国

概説


尾張国の生まれ。父は前田利春。

はじめ織田信長の小姓として仕え、萱津の戦いで首級を挙げた。

信長が弟・織田信勝と家督を巡り争うと、信長に従って稲生の戦いに参戦、宮井勘兵衛という小姓頭に右目下を射られながらもこれを討取り信長から賞賛された。

赤母衣衆の筆頭に抜擢され、その年に正室・まつを迎えた。

利家は信長の同朋衆・拾阿弥から度々侮辱を受けており、我慢しきれずついにこれを殺害、周囲の取り成しで成敗は免れたが、信長から出仕を禁じられ浪人することとなった。

桶狭間の戦いが起こると信長に無断で参戦し首級三つを挙げたが、信長からは認められなかった。翌年に起きた森部の戦いにも無断で参戦、怪力の猛将・足立六兵衛を討取ったことでようやく帰参を許された。

柴田勝家が北陸方面の攻略を任されると利家は与力として付けられた。加賀・能登平定後は能登一国を信長から与えられた。

本能寺の変で信長が死去すると、勝家と羽柴秀吉の間で権力争いが勃発、賤ケ岳の戦いに発展した。利家はほとんど戦うことなく戦場を離脱し柴田勢の敗北を決定づけた。

秀吉と織田信雄・徳川家康が争うと、利家は秀吉方として北陸方面を守備し、同じく勝家の与力だった佐々成政の侵攻を防いだ。

九州征伐では嫡男・前田利長を派遣し、自身は畿内を守った。

小田原征伐では北方隊の総指揮官として侵攻し松井田城をはじめ諸城を陥落させた。また、遅参した伊達政宗の尋問は利家が行った。

文禄・慶長の役では名護屋において家康と共に政務を執り行った。

豊臣秀頼の傅役として大阪城を守るも、秀吉の死から程なくして利家も大坂の自邸で病死した。

 

コメント


おそらく今年最後の更新になるので、イヌ繋がりで利家を描きました。若き日は傾奇者として、歳を重ねてからは律義者として、周囲から愛された前田利家で今年の戦国武将図鑑を締め括りたいと思います。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。