山本 勘助

信濃国, 甲斐国, 駿河国

概説


駿河国の生まれ(?)。父は山本貞幸(?)。

若くして武者修行の旅に出ると、諸国を遍歴して城取りや陣取りなどの兵法を会得した。

駿河国主・今川義元に仕官すべく今川氏の重臣・朝比奈信置を通じて仕官を願った。しかし、容貌の醜さや兵法会得に対する懐疑的意見から登用されることはなかった。

数年間、駿河で牢人生活を送っていたが、次第に声望が高まり甲斐国の武田氏から仕官の誘いを受けた。勘助は甲斐へと向かい、甲斐国主・武田晴信(のちの信玄)と対面、破格の待遇で召抱えられることとなった。

武田氏に仕えてからは信濃攻略において活躍し、高遠城などの築城・改修も手掛けた。

第四次川中島の戦いでは、妻女山に籠る上杉軍との膠着状態を打開するため、上杉軍を挟み撃ちにする作戦を馬場信春とともに立案した。

合戦前夜、別動隊が妻女山へ向かい、本隊は八幡原へ向かった。翌朝の八幡原は濃霧に包まれていた。上杉軍の敗残兵を待っていた武田軍だったが、霧が晴れると同時に現れたのは無傷の上杉軍だった。

両軍はそのまま戦いへと突入し、数で劣る武田軍本隊は押されに押された。信玄の弟・武田信繁をはじめとする多くの将兵が討取られ、勘助も乱戦の中で討死した。

 

コメント


イラストは、胡散臭さに溢れた悲劇の天才醜男をイメージして描きました。きっと大名の側近として大事業を成し遂げたい、そんな夢を持っていたのではないかなと個人的には思っています。